日本気象協会 tenki.jp

日照時間 広く平年より少ない 東京都心は6日連続2時間未満 あすから広く晴れ続く

2022年05月17日16:30

日本気象協会 本社日直主任

このところ、沖縄、九州から関東の太平洋側を中心に、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く、前5日間の日照時間が平年より少なくなっています。あすから広く晴れる日が続くでしょう。梅雨入り前の晴れを洗濯や布団干しなど有効にご活用ください。

ポイント解説へ

前5日間の日照時間 特に沖縄・九州~関東の太平洋側で平年より少ない

このところ、沖縄、九州から関東の太平洋側を中心に、前線や湿った空気の影響で、曇りや雨の日が多くなっています。
5月12日~16日の5日間の日照時間は広く平年より少なく、特に沖縄や九州から関東の太平洋側で少なくなっています。
東京都心では、12日からきょう17日まで6日連続して日照時間は2時間未満でした。東京都心で、日照時間が2時間未満の日が続く日数は、2000年以降、5月としては2番目に長くなりました。

あす18日から広く日差しが届く日が続く 沖縄では梅雨空

あす18日は、本州付近は高気圧に覆われて、日が差す所が多いでしょう。来週中頃にかけて、広く日差しが届く日が続く見込みです。梅雨入り前の晴れを、洗濯や布団干しなど有効にご活用ください。気温は高めですが、比較的カラッとした暑さです。クローゼットの中に風を通しておくのもよいでしょう。
ただ、沖縄では、あさって19日から再び曇りや雨の梅雨空が続く見込みです。

最新の記事(日直予報士)

関連リンク

日本気象協会 本社

日直主任

日直主任の記事一覧