日本気象協会 tenki.jp

【市販の鍋つゆ不要!】身近な調味料&食材で簡単★変わり種鍋のレシピ

2021年11月28日

手作りスープを使った鍋を食べて心も身体もポカポカ!

もうすぐ冬本番!夜はグンと冷え込むようになり、お鍋が美味しい季節になりましたね。定番の鍋と言えば『寄せ鍋』『キムチ鍋』『塩ちゃんこ』など様々な種類がありますが、たまには変化球で個性的な鍋料理を楽しんでみませんか?

今回は身近な調味料と食材で気軽に作れる、変わり種鍋のレシピを3種類ご紹介します。市販の鍋つゆを使わないので思い立った時に作りやすく、ちょっとした節約にも繋げることができますよ♪
ポイント解説へ

ピリ辛スープが食欲をそそる♪『坦々餃子鍋』

スープの味が中までしみ×2の絶品餃子。

旨味たっぷりでボリューム抜群の『坦々餃子鍋』の作り方をご紹介します。豆板醤に含まれるカプサイシンには血流を改善する働きがあると言われていることから、冷え対策にもおすすめのレシピです。

~坦々餃子鍋の作り方(4人前)~
<材料A>
・餃子の皮 25個分
・豚ミンチ 200g
・ニラ 1/2束
・キャベツ 2枚
・料理酒 大さじ1
・おろし生姜、おろしにんにく、醤油 各小さじ1
・塩胡椒 適量

<材料B>
・白菜 2枚
・もやし 1袋
・ニラ 1/2束
・えのき茸 1袋

<材料C>
・水 1リットル
・豆板醤 小さじ1
・コチュジャン、中華スープの素 各大さじ1
・味噌、練りごま、砂糖 各大さじ2

<作り方>
(1)材料Aのニラとキャベツはみじん切りにします。
(2)ボウルに1と豚ミンチ・料理酒・おろし生姜・おろしにんにく・醤油・塩胡椒を加え、粘り気がでるまでよく混ぜ合わせます。
(3)2の肉ダネを餃子の皮で包んでいきましょう。
(4)材料Bの白菜はざく切りに、ニラは5cm幅に、えのき茸は石づきを取り除いて横半分に切ったら手でほぐします。
(5)鍋に材料Cを加え、さっと混ぜ合わせて火にかけます。ふつふつとしてきたらもやしと4の具材を加えます。
(6)具材に火が通ったら3の餃子を加え、3分程度煮込んだら完成です。

【参照】盛岡ガス

クリーミーで濃厚な味わい。『豆乳カルボナーラ風鍋』

美容と健康に嬉しい、豆乳ベースのお鍋。

パスタ料理として人気のカルボナーラを鍋にアレンジしてみました!トッピングした卵黄を潰し、スープや具材に絡めながらお召し上がり下さい。

~豆乳カルボナーラ風鍋の作り方(4人前)~
<材料>
・豆乳、水 各2カップ半
・生クリーム 1/2カップ
・卵黄 2個
・固形コンソメ 1個
・粉チーズ 大さじ2
・ピザ用チーズ ふたつかみ
・鶏もも肉 1枚
・ベーコン 5枚
・ブロッコリー 1/2個
・キャベツ 150g
・しめじ 1/2袋
・エリンギ 2本
・にんにく 2片
・塩胡椒、オリーブオイル 各適量

<作り方>
(1)鶏もも肉はひと口大に切り、ベーコンは1.5cm幅に切ります。
(2)キャベツはざく切りにし、ブロッコリーは小房に分けます。
(3)しめじは石づきを取り除いて手でほぐし、エリンギはひと口大に切ります。
(4)鍋にオリーブオイルを熱し、薄切りのにんにくと1の鶏もも肉を炒めていきます。
(5)鶏もも肉の色が変わり始めたらベーコンをカリカリになるまで炒めます。
(6)5に豆乳・水・生クリームを加えます。
(7)ふつふつしてきたら固形コンソメ・粉チーズ・ピザ用チーズを加えます。
(8)チーズが溶けたらお玉でさっとかき混ぜ、塩胡椒で味を整えます。
(9)8に2と3の具材を加え、全体に火が通るまで煮込んだら中央部分に卵黄をのせて完成です。

〆はうどんで決まり!『野菜たっぷりカレー鍋』

辛さが欲しい方はスープの中に鷹の爪を加えるのもおすすめです。

子供から大人まで大喜び!『野菜たっぷりカレー鍋』のレシピをご紹介します。あまり強火で煮込んでいくと焦げ付きやすいので火加減には十分注意しましょう。

~野菜たっぷりカレー鍋の作り方~
<材料>
・豚薄切り肉 400g
・ウインナー 4本
・じゃがいも 2個
・玉ねぎ 1個
・人参 1本
・椎茸 4枚
・キャベツ 1/4個
・水 1リットル
・カレー粉 大さじ2
・固形コンソメ 2個
・醤油 大さじ3
・みりん、小麦粉 各大さじ2
・塩胡椒、サラダ油 各適量

<作り方>
(1)豚肉は長さを半分に切り、ウインナーは斜め半分に切り、じゃがいもは皮を剥いてひと口に切ります。
(2)玉ねぎはくし切りに、人参は皮を剥いて乱切りに、キャベツはざく切りにします。
(3)椎茸は石づきを取り除いて薄切りにします。
(4)鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎ→豚肉の順番で炒めていきます。
(5)豚肉の色が変わり始めたらカレー粉を加えて炒めます。
(6)具材にカレー粉が馴染んだら小麦粉を加えて更に炒めます。
(7)粉っぽさがなくなったら水・固形コンソメ・醤油・みりんを加えます。
(8)ふつふつとしてきたら塩胡椒でスープの味を整え、じゃがいも・人参→ウインナー・椎茸・キャベツの順番で煮込んだら完成です。

美味しい鍋を囲んで幸せ気分★

いかがでしたか?自宅で鍋をする機会が多い方は是非、当レシピをレパートリーの一つに取り入れてみて下さいね。

関連リンク

ライター/栄養士

池田莉久

このライターの記事一覧
ライター一覧
続きを読む