tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

蔵王山の火山の状況に関する解説資料

 平常

火山名蔵王山
警戒レベル等  平常
位置・標高 北緯38度08.62分
東経140度26.40分
標高1841m
<噴火予報(平常)が継続>

火山活動の状況及び予報警報事項

蔵王山では、4月7日以降、御釜付近が震源と推定される規模の小さな火山性地震が増加しています。
 また、本日(9日)15時49分頃に火山性微動が発生しました。今回発生した火山性微動は、最大振幅1.0μm/s[坊平観測点(山頂の南西約5km):上下成分]、継続時間約1分20秒で、これまで観測された火山性微動のなかでは規模の小さなものでした。
 坊平観測点に設置している傾斜計による観測及びGNSSによる地殻変動観測では特段の変化はみられません。
 宮城県の遠刈田温泉及び山形県の上山金谷に設置している遠望カメラでは、異常は認められません。
 2月以降、本日(9日)17時までの火山性地震及び火山性微動の回数は以下のとおりです。
                 火山性地震     火山性微動
     2月            7回        1回
     3月           18回        0回
     4月(6日まで)      4回        0回
        7日        17回        0回
        8日        16回        0回
        9日(17時まで) 26回        1回

防災上の警戒事項等

蔵王山では、2014年8月以降、火山活動の高まりがみられます。過去の活動期には、突発的な噴気孔の生成や、火山ガスの噴出等の現象があったことから、登山等で火口に近づく際には十分注意してください。
火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

天気ガイド

雨雲

発表履歴(最新5件)

最新の記事(日直予報士)

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)