tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

<決定版>季節のアイテムや思い出の品をしまうときのコツ

収納に困るものは? と聞かれて、必ず挙がるのが、決まった時期にしか使わないシーズンものや、捨てられない思い出の品。

そんなお悩みアイテムを攻略するワザを教えてくれたのが、話題の家事代行サービス「タスカジ」で人気のカリスマ家政婦・ステラさん。年末年始の片づけで実践したいテクを教わりました。

◆しまう場所は出し入れが不便でもOK。でもラベリングは必須!

子どもの水泳グッズなど、使う時期が決まっていて当分使わないものや、捨てられないものこそ収納方法に工夫が必要です。 次に使うときに使いやすくするための「グループ分け」と、どこにしまい込んだか迷子にならないための「ラべリング」が効果的。この2つを守れば、成功です。

●水泳グッズはひとまとめに。スイミングバッグにつめて収納して

水着とその他水着グッズ 夏に活躍した水着グッズ。来年の夏までどこにしまう?冬の間は出番がない水泳グッズ。半年先にすぐに取り出せるように、収納を工夫しましょう。

水着入れに水着を入れる「水着やゴーグル、浮き輪など水泳時に使うものは、バラバラにしまうよりまとめてスイミングバッグに入れて収納しましょう」 次シーズン、すぐに使えて便利です。

不織布袋スイミングバッグごと通気性のよい不織布袋に入れ、ラベリングします。ラベルは見やすい場所にはり、家族分ある場合は、名前を書くことも忘れずに。

高い場所にたてて収納クローゼットの上方や押し入れの天袋などに、立てて収納します。 「当分使わないものは、あえて出し入れが不便なところに置いてください。静かな場所で冬眠させる感覚です」

●思い出グッズは大きめの箱につめ込む

人形と段ボール箱子どものメモリアルグッズは大人になるまで大事に保管しておいてあげたいもの。 「子ども1人につき箱を1つ用意し、そこに入るだけ、と定位置と定量を決めて、まとめ収納しておくといいですよ」

●かさばるホットカーペットを上手に収納する方法

今は出しっぱなしでもOKですが、シーズンが終わるとしまうことになるホットカーペット。

ホットカーペット折りたたむ「購入時に入っていた箱はかさばるもとなので処分。なくても意外と困らないものです」 まずは、布団と同じように四角くたたみます。コントローラーが見える表向きの状態で、コードを中に収めながら四つ折りに。広がらないよう麻ひもで縛ります。

立てて収納コントローラー部分を上にして、立てて収納します。 「コントローラー部分を下にすると、重みで故障したり、コードの接触が悪くなるなどトラブルの原因になりやすいのでNGです」

●不織布袋に入れて収納するのもおすすめ

不織布袋にカーペット入れるむきだしのままだとほこりがつくのが心配なら、不織布の袋や大きめの洗濯ネットに入れて収納しても。 「通気性の悪いビニール袋は、ダニやカビが発生しやすいのでおすすめしません」

不織布袋に入れて立てて収納立ててしまえばクローゼットの場所をとりません。

●教えてくれた人 【ステラさん】
話題の家事代行サービス「タスカジ」に所属するカリスマ家政婦。長年の主婦経験で培った、合理的で効率のよい掃除&収納術が大人気。きれい好きで、アルコールスプレーを仕事でもプライベートでも愛用中。著書に『1本で家じゅうすっきり!魔法のパストリーゼ』(扶桑社刊)がある

<撮影/林絋輝 スタイリスト/井口美穂 取材・文/ESSE編集部>

関連リンク(外部リンク)

ESSE-online

関連リンク

ESSE

ESSE-online

『ESSE』が運営する生活情報サイト。節約、収納、レシピなど雑誌連動はもちろん、Webオリジナルの情報を毎日配信しています。

おすすめ記事

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 16日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)