tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

放置するとカビも!レザーアイテムを正しくお手入れ

冬の定番アイテムと化した、レザージャケットやムートンブーツといった革アイテム。どんなスタイルにも合わせやすく、よく着まわした人も多いのではないでしょうか。

そんな革製品はとてもデリケートな素材なので、お手入れが必須。汚れたまま放置するとカビが生えたり、変色してしまう恐れも。また、自己流でケアしている人も要注意です。革製品は水に弱いので、シミがついたり、風合いが悪くなってしまいます。

そこで今回は、「洗濯王子」の愛称で知られる洗濯アドバイザー・中村祐一さんに、正しい革製品のお手入れ方法を教えていただきました。

◆レザーのジャケットは、汚れをふいて革用クリームでケアを

汗や皮脂汚れなどがついてしまいがちなレザージャケット。汚れがひどくならないうちに落としておくと、皮の色が黒ずみにくくなります。

1.汚れが気になる部分を水ぶき

汚れが気になる部分を水ぶき 汚れが気になる部分はまず水ぶきを!衿元や袖口、前たての部分など、汚れが気になる部分をかたく絞ったタオルで水ぶきする。

皮脂汚れのつきやすい襟元は念入りに皮脂汚れのつきやすい襟元は念入りに。

2.革用クリームを全体に塗る

革用クリームを全体に塗る水ぶきした部分を中心に、全体に無色の革用クリームを塗る。小さめにカットしたスポンジを使うと、縫い目の回りなど細かい部分も塗りやすい。

◆ムートンブーツの毛並みを整えてきれいに。防水ケアも大切

雨やホコリがつきがちなムートンブーツ。できるだけ長く愛用するためには、おうちで正しいお手入れをすることが大切です。

1.全体にブラシをかける

全体にブラシをかける豚毛のものなど、靴用のブラシで全体のホコリなどをかき出し、毛並みを整える。

2.水ぶきする

水ぶきするかたく絞ったタオルかウエスなどで、汚れを水ぶき。雨ジミなども、周囲となじませるようにしてふくときれいになる。

3.撥水スプレーをかける

撥水スプレーをかけるしっかり乾燥させてから、全体に撥水スプレーをかけて汚れをつきにくくする。撥水スプレーは吸い込むと有害なので、必ず屋外で使用して。

「革をはじめ冬物はデリケートな素材が多いので、コツを知れば仕上がりに差がつきます」と中村さん。大人のファッションほど、清潔感が大切になってくるもの。大切なアウターや靴は、上手にケアしてからしまうことで、長くすてきに着こなしましょう。

●教えてくれた人 【洗濯アドバイザー 中村祐一さん】
メディアなどで活躍し、「洗濯王子」の愛称で親しまれる。洗濯、しみ抜き、アイロンがけなどを学べる洗濯教室も主宰。著書に『幸せを呼ぶスマート洗濯』(ポプラ社刊)ほか

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

関連リンク(外部リンク)

ESSE-online

関連リンク

ESSE

ESSE-online

『ESSE』が運営する生活情報サイト。節約、収納、レシピなど雑誌連動はもちろん、Webオリジナルの情報を毎日配信しています。

おすすめ記事

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 16日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)