tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

【ゴミ箱DIY】キャンプ場をクリーンに。インドアでもアウトドアでも★お洒落なゴミ箱を100均材料でDIY ♪

最近問題になっているキャンプ場の閉鎖の大きな要因として、ゴミのポイ捨てなどによるゴミ問題があります。キャンプ場でポイ捨てをしないためにはどうするか?ゴミが捨てたくなるようなゴミ箱があればいいのではないでしょうか!ということで、ゴミが捨てたくなるような素敵なゴミ箱を100均材料で作ちゃいましょう ♪

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

【ゴミ箱DIY】 100均で材料を揃えよう! マガジンラックとフリークロス×2 後は好みのペイントを ♪

画像2: (筆者撮影)

(筆者撮影)

100均で揃えれば材料費は1000円以下のローコスト ♪

キャンプゴミ箱作成に必要なものは以下の通りです。

・マガジンラック (ダイソー300円商品)
・フリークロス (約30cm×40cm) 2枚
・ペイント (ニスでも塗料でもなんでもOK)
・ペイントする刷毛、筆等と針と糸 (おうちにあるものでOK)

フリークロスは簡単に付け替えできますので、いろいろ揃えてみるのもいいかもしれませんね ♪

【ゴミ箱DIY】制作方法★ペイントの乾燥時間を入れても2時間かかりません

最初はマガジンラックのフレームの塗装です。

画像3: (筆者撮影)

(筆者撮影)

先ずはマガジンラックを畳んだ状態で生地を片側に寄せます。

画像4: (筆者撮影)

(筆者撮影)

力を入れすぎて生地を破らないように気をつけましょう。

画像5: (筆者撮影)

(筆者撮影)

私は明るいメープルを使います。白木が好きな方は透明ニスがお勧めですね。

画像6: (筆者撮影)

(筆者撮影)

刷毛を使ってペイントします。クロスしている所は開閉して見えるところはしっかり塗りましょう。

画像7: (筆者撮影)

(筆者撮影)

生地を通している所は見え隠れする端のところだけ塗っておけば大丈夫です。

画像8: (筆者撮影)

(筆者撮影)

反対側も同じように塗ります。内側も忘れずに塗っておきましょう。

画像9: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ペイントが終われば乾燥させましょう。厚塗りしなければ一時間ぐらいで乾きますよ。

【ゴミ箱DIY】 ヴィンテージ好きの方にお勧め! もうひと手間かけてキャンプ場で存在感アップ!

ウッド系のペイントに役立つ一工夫をご紹介します。

画像10: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ペイントが乾けばフリークロスの取り付けですが、私はここでバーナーで焼きを入れます。

画像11: (筆者撮影)

(筆者撮影)

しっかり焼いてブラシで擦れば防腐効果も高まります。今回はデザイン的なものとして簡単に焼き色を付けるだけにしました。

画像12: (筆者撮影)

(筆者撮影)

少し焼き目をつけるだけでアンティーク調の仕上がりに ♪

【ゴミ箱DIY】 デザインは自由! 好みのフリークロスで自分のサイトに合わせたゴミ箱に♪

同じ柄でも色違いでもくみあわせは自由です。

画像13: (筆者撮影)

(筆者撮影)

100均には様々な色柄のフリークロスが用意されています。筆者は写真の柄をチョイスしました。これを取り付けます。

画像14: (筆者撮影)

(筆者撮影)

取り付けるといっても、上下黄色の三ヶ所を留めるだけです。

画像15: (筆者撮影)

(筆者撮影)

一面縫い付けるのではなく、三点を留めることで気分を変えたい時に簡単にフリークロスを付け替えることができます。

画像16: (筆者撮影)

(筆者撮影)

両面取り付け終わればレジ袋をセットしてオリジナルゴミ箱の完成です ♪

画像17: (筆者撮影)

(筆者撮影)

畳むとご覧の通りコンパクトに♪持ち運びも簡単ですね。

【キャンプゴミ箱 DIY】 色柄違いで揃えたりクッションと揃えたりしてキャンプサイトに溶け込まそう♪

100均でクッションまで揃えちゃいましょう。

画像18: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ゴミ箱は一つじゃ足りませんよね。燃えるゴミ、燃えないゴミ、ビン、缶など分けておかないと持って帰ってから大変ですよね。最低でも二つは要りますね。
色違いや、柄違いで作っちゃいましょう ♪

画像19: (筆者撮影)

(筆者撮影)

同じ柄でもペイントを変えれば雰囲気も変わりますよ。

画像20: (筆者撮影)

(筆者撮影)

また、100均ではフリークロスと同じ柄でクッションカバーやボックスカーテンなども売っています。

画像21: (筆者撮影)

(筆者撮影)

揃えると統一感が出て、キャンプサイトも映えますよ。

画像22: (筆者撮影)

(筆者撮影)

この写真の柄はティッシュカバーまで揃いました ♪

画像23: (筆者撮影)

(筆者撮影)

お部屋の中でも使えますね。お子さんの好きなキャラクターのフリークロスでおもちゃ入れにして、そのままキャンプ場へっていうのもありですね ♪

画像24: (筆者撮影)

(筆者撮影)

洗濯物入れにしてもGOODですよ ♪

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲の動き

今日の天気 30日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)