tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

【クロスバイク】ブルホーン化やスタンドの装備など初心者でも簡単で人気のカスタマイズをご紹介!

アクティビティとしても、普段使いとしても人気の「クロスバイク」。ロードバイクの走行性能の高さと、マウンテンバイクの荒れた道でもOKという走りやすさを兼ね備えた使いやすい自転車です。そのクロスバイクをご自身の使用目的に合わせて、より使いやすくパーツをカスタマイズ(改造)すれば、走りや外観にも違いが生まれ一層愛着がわくというもの。ブルホーン化、スタンド、サドルの取り替えなど初心者でも比較的簡単で人気のカスタマイズを紹介します!

クロスバイクのカスタマイズは走行性能を上げたりオシャレに楽しむため! 自分だけのオリジナルの1台

画像: クロスバイクのカスタマイズは走行性能を上げたりオシャレに楽しむため! 自分だけのオリジナルの1台

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの特徴をイイトコ取りした自転車ですので、ノーマルでも十分快適に乗ることができます。

でも毎日乗っていくうちに「リム(ホイールの外側の部分)をカラフルにしたい」とか「ハンドルを変えてみたい」とか「走行性能を上げてみたい」「サドルをレザーにしたい」など自分だけのオリジナルな1台にしたいという欲求が生まれてくるのではないでしょうか?

しかし、カスタマイズって言っても...自分には知識もないし、専用工具だって持っていないなど躊躇することもありますよね。そこで、今まで経験の無い初心者の方向けにおすすめの、簡単なカスタマイズ方法を紹介します。

カスタマイズ① ハンドルの「ブルホーン化」で走行性能アップ! パッと見たときのフォルムが格好イイ

「ブルホーン化」、なんとなく聞いたことある方もある方も多いでしょう。通常のフラットタイプのハンドルではなく、「雄牛の角(Bull horn)」というその名の通り特徴的な形をしているハンドルのことです。

画像: 牡牛の角(つの)でブルホーン!そのまんまの形のハンドルです!

牡牛の角(つの)でブルホーン!そのまんまの形のハンドルです!

ブルホーンバーの良い所とは

ハンドルをブルホーンバーに変えたときの最大のメリットは、自転車に乗っている際の姿勢を変化させられることです。

画像: ブルホーンバーの良い所とは

この図のように、かなり前傾した姿勢で自転車に乗ることができます。フラットバーの場合だとこのような姿勢を長時間とることは難しいため、走行のパフォーマンスを上げたい方には必須とも言えるハンドルです。

フラットバーの場合は、走行適性距離が10kmと言われていますが、ハンドルを変えると空気抵抗が減り、乗り心地が向上して長時間の走行が可能になりますよ。

ちなみに、同じような効果が得られるハンドルでいうと、ドロップハンドルの下ハン(カーブした一番先端を持った状態)があります。

画像: ドロップハンドルの自転車

ドロップハンドルの自転車

こちらの方がスピードは出しやすいのですが、ブレーキがかけにくくなったり、極端に前傾した姿勢になるため、街中でとっさの判断が必要になった時に危険な場合もあります。

したがって、特に初心者の方ならブルホーンの方が適しているかと思います。

ブルホーンバーに変える際に注意すること!

改造する際は、専門店に持っていくのが確実ですが、ハンドルの交換程度なら自分でチャレンジすることもできます。(もちろん専用の工具が必要になりますが…)

その際に注意することは、バーの太さが自分の自転車と合っているかを確認すること!

確認するのは2箇所で、自転車本体とハンドルを繋ぐ「ステム」と「ブレーキレバー等」を装着する部分です。

例えば、こちらの商品だと、「クランプ径25.4mm(ステム部分)」「 バー径22.2mm(ブレーキレバー装着部分)」という表記がそれに該当します。

これが一般的な規格ですが、もちろん異なる場合もあるので、自分が持っている自転車をよく確認して購入しましょう。

さらに、ブルホーンバーにはいくつかタイプもあります。

例えばこちらは「Cinelli(チネリ)」というイタリアの自転車メーカーから発売されており、斬新なデザイン性で根強く人気を誇るモデル。クランプ径部分の両サイドが平らになっており、ドロップも浅いため、街乗りには適しています。

ブルホーンバーに装着する部品「バーテープ」

フラットバーからブルホーン バーに変えた際に購入するものとして、バーテープがあります。

フラットバーでは、通常グリップがついていますが、ブルホーンの場合はバーテープを巻くのが一般的です。価格も安価ですし、テープの色を変えることで手軽に見た目の変化も楽しむことができますよ。

カスタマイズ②「自転車用スタンド取り付け」で街乗りも心配なし! 機能性やデザイン性で選択

画像: カスタマイズ②「自転車用スタンド取り付け」で街乗りも心配なし! 機能性やデザイン性で選択

「スポーツバイク、乗りやすいのはいいんだけど止める場所がなぁ...」と、そんなお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。クロスバイクをはじめとしたスポーツバイクは、軽量化のために標準で自転車本体にスタンドを装備していないことが多々あります。

しかし、通勤や買い物など街乗りに使ったときに毎回、駐輪スタンド(サイクルスタンド)が設置されている場所を探すのは大変ですよね。そこで、多少重量は増えますが自転車にスタンドを取り付けることをオススメします。

自転車スタンドの種類と取付箇所

本体にスタンドを取り付ける際、選択肢としては「1本足で支えるか2本足で支えるか」「リア(後ろ)につけるか、センターにつけるか」となります。

クロスバイクは本体の重量が比較的重くはないため、どのタイプを選んでも基本的に走行に大きな支障が出ることはありません。ここは見た目や安定感など好みが分かれるところだと思います。

もし「止めた際、抜群の安定感を求めたい!」というのなら、「2本足タイプのセンタースタンド」をオススメします。

センタースタンドのメリットは、自転車の重心部分で支えられるため安定感が抜群なことです。

ただし、人によってはセンターだとビジュアルが悪くなると感じる方もいるため、取り付けた際のイメージをしておくことが大事でしょう。

カスタマイズ③「サドル交換」は初心者でもスグできて変化を実感できる! 簡単工具でイメージチェンジ

画像: カスタマイズ③「サドル交換」は初心者でもスグできて変化を実感できる! 簡単工具でイメージチェンジ

カスタマイズの中でも、最も手軽にできるものが「サドル」の交換です。スパナやレンチといった100均でも売っている簡単な工具だけで交換することが可能です。

運転中もっとも負担のかかる場所なので、自分に合ったものを選びたいですね。また、サドルひとつ交換しただけでもクロスバイクの外観的な印象もガラリと変わりますよ。

あえて人気のレザーサドルにしても良し、厚手のクッションになっているタイプでも良し、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか?...

そこで、オススメのサドルを3つ紹介します!

BROOKS(ブルックス)レザーサドル 伝統のクラシックスポーツモデル

創業1800年代、150年以上続くイギリスの老舗メーカー「ブルックス」。馬の鞍(サドル)作りから始め、現在では自転車のサドルをはじめ様々なレザー製品も扱うメーカーとして人気で、ファッション関係者など感度の高い人から支持を集めているんです。

こちらの「クラシックスポーツモデル」は有名な「ツール・ド・フランス」でも多くのバイクに装着されていた歴史のあるモデル。クロムメッキも施されており、デザイン性や美しさで選ぶなら間違いなくオススメです。

GORIX(ゴリックス)低反発サドル GX-C19

低反発タイプの柔らかいサドルで、安定して長く座れる乗り心地を実現。(厚手のクッション素材のため、衝撃を和らげてお尻の痛みを少なくしてくれる効果もあるといいます)

スポーティなデザインとフラットなシルエットはシンプルでどんな車体にも合いそうですね。

開口タイプのホール付きで、まん中に溝が全体的に入っているため、尿道への圧迫感を和らげてくれるというのも嬉しいポイント。全24色と、カラーの選択が幅広いのも選択肢が広がります。

FUN ナロー サドル

スタイリッシュなフォルムと特徴的な柄!「漢字が書かれたサドル!?」...ともすればお寿司屋さんの湯呑みか居酒屋さんで見かける切り出し七輪(飛騨コンロ?)のような独特の個性を発してますね。

さらに牛柄やナバホ柄のような模様など、他のブランドではなかなか見られないデザインが5種類あります。

抜群の個性あるサドルで主張したいなら断然これ!ですね。

一度は試してみる価値あり!クロスバイクを自分好みのカスタマイズで世界にひとつだけのオリジナル

画像: 一度は試してみる価値あり!クロスバイクを自分好みのカスタマイズで世界にひとつだけのオリジナル

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの特徴を兼ね備えた機能性の高い自転車です。しかし、カスタマイズすることでさらに使いやすくスタイリッシュに進化します!

一度に全て行なわなくても、1ヶ所づつでもパーツを選んで購入し、コツコツと挑戦することで楽しみも増えてきますよ。世界にひとつだけのオリジナル自転車を目指して素敵な自転車ライフを!

他のクロスバイク記事もどうぞ

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲の動き

今日の天気 30日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)