tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

海釣り初心者でも楽しめる『サビキ釣り』とは!? 釣り方から必要な道具など一挙紹介!千葉•神奈川のおすすめスポット情報も

昔から大人気の「海釣り」。最近では「釣り女子」「釣りガール」などと呼ばれ、女性もその楽しさにハマる人が続出していると聞きます。そういう筆者も女性ですが…最初は餌となる虫や魚が気持ち悪かったり、何から始めたらいいか分からなかった覚えがあります。そこで今回は、初心者の方でも簡単に海釣りを楽しむことができる「サビキ釣り」に焦点を当て釣り方から道具、さらに千葉・神奈川の海釣りおすすめスポットなど併せてご紹介します。

海釣り初心者でも簡単に楽しめる「サビキ釣り」!カゴに詰めた餌を水中で撒き寄ってきた魚を釣る方法

今回ご紹介する「サビキ釣り」は海釣りのひとつで、食べて美味しい魚を手軽に釣る方法として初心者からベテランの方まで多くの人に人気があります。

画像: サビキ釣りイメージ

サビキ釣りイメージ

サビキ釣りとは?

釣り針に直接エサを付けて1匹の魚を釣り上げるのではなく、釣竿に「撒き餌カゴ」を取り付け、そこに詰めたコマセ(魚をおびき寄せる為のエサ)を水中で撒いて、寄ってきた魚を「サビキ」と呼ばれる擬餌針に食いつかせる釣り方です。

針が複数付いた仕掛けを使うため、上達すれば一度に複数の魚を釣ることもできます。

※コマセとは寄せ餌(ヨセエ)、撒き餌(マキエ)などとも呼ばれており、主にアミエビやオキアミ、配合餌のことを言います。

画像: コマセ・アミエビ (筆者撮影)

コマセ・アミエビ

(筆者撮影)
画像: 撒き餌カゴに「コマセ」を入れ水中にまき散らし魚を寄せ集めます (筆者撮影)

撒き餌カゴに「コマセ」を入れ水中にまき散らし魚を寄せ集めます

(筆者撮影)

竿を上下させてることによりカゴから餌が水中に撒かれ、その餌の中に仕掛けが来るようにするのが釣るためのポイント。針先にエサを付けなくても魚が勝手に擬餌針に食いついてくれるので、初心者でも比較的簡単に楽しめる方法なのです。

サビキ釣りのターゲットとなる魚は大きな群れで回遊している魚です。例えば、アジやイワシ、サバなど。

潮の流れが良く、釣っている場所に魚がうまく集まってくれば、短時間で大量に恵まれることも多く、複数匹の魚が一度に針に掛かり、釣り上げる楽しみを味わうことができます。

サビキ釣りの手順

1.コマセ(アミエビなど)をカゴに詰めて水中へ落とす

2.竿を上下に動かしてコマセを撒き、少し竿を止めてアタリを待つ

3.アタリがなければ、「2の手順」を繰り返す

4.アタリがあれば、竿を立ててリールを巻き始める

たったこれだけで釣りが楽しめるため「海釣りをしてみたいけど難しそうだから…」と躊躇していた方も是非チャレンジしてみてくださいね。

画像: 筆者の息子もサビキ釣りで魚をGET (筆者撮影)

筆者の息子もサビキ釣りで魚をGET

(筆者撮影)

参考にこちらの記事もチェック!

初心者必見!「サビキ釣り」を始めるために必要な道具を紹介! 最初は無理をせずセット購入をおすすめ

まずは「サビキ釣り」に必要な道具をご紹介します。以下に挙げたリストは基本として最低限準備しておきたいため確認しておきましょう。

・釣り竿
・リール
・サビキ用の仕掛け(カゴ、擬餌針、ウキ、オモリ)
・魚をおびき寄せる為のまきエサ(コマセ)
・バケツ
・クーラーボックス(氷も)
・ライフジャケット
・ハサミ
・網

ハピキャンでは「サビキ釣りの仕掛けや道具」について書かれた記事もありますのでこちらもチェック!

イチから道具を揃えるのは大変という方には、サビキ釣り用の道具セットが販売されているため、そちらを購入するのもおすすめです。

【商品情報】※8点セット
①堤防釣り竿:全長1.8m・重さ93g・仕舞寸法 44cm・オモリ負荷 5~20号

②堤防用小型リール(ナイロンライン3号糸巻き済み)

③サビキ釣り仕掛けセット
※サビキ仕掛け3枚
※コマセカゴ1個
※ ハサミ
※ミニタオル
※ビニール袋

④ちょい投げ仕掛けセット
※ちょい投げ仕掛け 天秤8号
※疑似餌(パワーイソメ)

⑤水汲みバケツ:直径18cm
⑥魚つかみはさみ
⑦コマセエサ(アミ姫1個)
⑧釣り入門ガイドブック1冊

初心者の方にとっては、釣竿の長さやリールなど最初何を購入して良いのか迷うところですよね。「つり具TEN サビキ釣りセット」があれば、最初に必要な道具の大半を揃えることができるため、大変お得です。

回数を重ね「サビキ釣り」にハマってきたら、どんどん欲しくなるアイテムが増えてきますので最初は無理せず入門用でも良いのではないでしょうか。

こちら第一精工の「すいこみバケツ」は持っていると便利なアイテム。この中にアミエビと海水を混ぜ、撒き餌カゴを投入。上下にしゃくるだけでカゴいっぱいにアミエビが入るというモノ。

手が汚れずコマセを補充することができるためとても便利ですよ。

ハピキャン内「クーラーボックス」の記事も要チェックです!

「サビキ釣り」ってどこでできるの? 海釣り公園や堤防がおすすめ! トイレ問題も重要なポイント

初心者の方がサビキ釣りを楽しむ場合、どこでできるのか?気になりますよね。釣り船に乗っても勿論できますが、最初のうちはどんなものなのか知るためにも「海釣り公園」や「堤防」で試してみてはいかがでしょう。

道具を揃える前に体験してみたい人や初心者で釣り方が分からないという場合は、まず「海釣り公園」に行ってみましょう。

海釣り公園とは…釣り具メーカーや地域公共団体などが運営している、海の隣に併設された釣りを楽しむ為の公園。

潮の流れが良い場所に造られていることが多いため、アジやイワシなどの魚がコンスタントに回遊してくる可能性が高いです。

利用料はかかりますが、フェンスや柵が設置され海への転落防止対策がされていることが多く、安全に配慮されているので子供や初心者の方でも安心して利用することができます。

また、釣りをするときに意外と困るのがトイレ問題です…。

海釣り公園は、きちんとトイレが設備されているので、そういった心配をする必要がないのも嬉しいポイントです。その他、売店や釣り具のレンタル店が併設されていることが多いため、事前に確認していけば、手ぶらで海釣りを楽むことだってできます。

また、比較的足場が良い堤防も、初心者の方がサビキ釣りを楽しむにはおすすめです。潮通しが良い場所は、魚が回遊してくる好ポイントです。

良く釣れる場所はある程度決まっていることが多いので、近所にある釣具店や実際に釣りをしている人などに聞いてみるのも良いでしょう。

画像: 堤防での釣りの様子 (筆者撮影)

堤防での釣りの様子

(筆者撮影)

【サビキ釣りをする上での知識】回遊してくる魚の泳いでいる深さを知る! 海の危険生物を覚え安全に!

サビキ釣りで釣ることができる代表的な魚は、回遊魚のアジ、イワシ、サバです。

回遊している魚の泳いでいる深さによって、釣れる魚が異なり、一番簡単に釣れるのが上層を泳いでいる「イワシ」。次に「サバ」、最後は一番深い場所を泳いでいるのは「アジ」です。

そこで釣り糸を垂らす場合、回遊してくる魚の泳いでいる深さを見つけることがたくさん魚を釣るためのポイントです。

その他、時期や場所によっても異なりますが、カサゴ、スズキ、ハゼ、キスなどの魚が釣れることもあります。海釣り公園等の施設HPを見ると、その時期に釣れる魚が載っているので確認してから行くと良いでしょう。

画像: 【サビキ釣りをする上での知識】回遊してくる魚の泳いでいる深さを知る! 海の危険生物を覚え安全に!

参考:海の危険生物

釣りをしているとヒレに毒がある魚や噛まれると危険な魚が釣れることもあるので注意しましょう。毒のある魚を釣ってしまったらくれぐれも素手で触らないこと。

【釣れる可能性のある危険生物】

オニオコゼ:背びれには毒があります

ウツボ:あごの力が強く、鋭い歯を持っているので噛まれないように注意

ゴンズイ:ナマズのように口ひげがあり、見た目は可愛いのですが、背びれと胸びれの棘条という部分に毒があります

もしこのような危険な魚が釣れてしまったら、触ったりせずにハサミなどで糸を切ってしまいましょう。

【関東近郊】手ぶらでOK!設備の整った「海釣り公園」2選!ファミリーフィッシングにもおすすめ

〈千葉県〉オリジナルメーカー海づり公園(市原市海釣り施設)

千葉県市原市にある「オリジナルメーカー海づり公園」は、養老川の河口近くに造られた桟橋スタイルの釣り公園。足場が良くフェンスを設置するなど安全にも配慮されています。

秋から冬にかけては、ハゼやアジ、冬から春にかけては、サヨリ、アイナメ、カレイなどの魚を釣ることができます。

施設内には売店もあり、釣り具の販売やレンタル、食堂、トイレも完備。さらに釣り場には監視員も配置し、初心者や家族連れでも安心して釣りを楽しめます。(小学生以下の子供には無料でライフジャケットの貸出もあり)

小さな子供が飽きてしまったら、キッズプレイランドもあり退屈せずに遊べるのも嬉しいポイントです。

【オリジナルメーカー海づり公園(市原市海釣り施設)】

所在地:千葉県市原市五井南海岸1-12
電話:0436-21-0419

営業時間:
(4月〜10月)6:00〜19:00※桟橋利用18:00
(11月〜3月)7:00〜17:00※桟橋利用16:30

休園日:毎週月曜日※7月〜10月は休園日無し

釣り料金:一般¥920/高齢者(65歳以上)¥460

※詳細は公式HPまで

〈神奈川県〉横浜フィッシングピアーズ 本牧海釣り施設

「本牧海づり施設」は、横浜フィッシングピアーズが運営する本牧埠頭内にある海釣り施設。東京湾に面し、正面には房総半島、南には三浦半島が望めるロケーション。

釣り人収容人数が700名という海づり施設で「新護岸つり場」「渡り桟橋」「沖桟橋」「旧護岸つり場」の4つのポイントで釣りを楽しむことが可能です。

潮の流れが速いため魚がよく集まり、初心者でも挑戦しやすい釣り場として人気です。魚の種類も豊富で一年中釣りを楽しむことができます。

施設内には、管理棟をはじめ食堂もあります。さらに売店では釣り具や餌の販売・レンタル等もあるため手ぶらで来ても釣りができますよ。

勿論、トイレも完備し休憩室も屋内にもあるため家族連れにも最適。

【横浜フィッシングピアーズ 本牧海釣り施設】
所在地:横浜市中区本牧ふ頭1番地
電話:045-623-6030

営業時間:
(4月〜10月)6:00〜19:00
(11月〜2月)7:00〜17:00
(3月)6:00〜18:00

休園日:奇数月第二火曜日(施設点検日)・年末年始

釣り料金:(大人)¥900/(中学生)¥450/(小学生)¥300

※詳細は公式HPまで

魚が竿に掛かった時の感覚・釣りあげた時の喜びや食べた時の味など「釣りの醍醐味」を味わってみよう

画像: 筆者撮影

筆者撮影

釣りの醍醐味は魚が竿に掛かった時の感覚や、釣りあげたときの喜び、魚を触った時の感触、初めて自分で釣った魚を捌いて食べた時のとびきり美味しい味など…実際にやってみることで感じることが沢山あります。是非実際に体験してその感動を味わってみてくださいね。

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲

今日の天気 19日04:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)