tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

『SOTO(ソト)』のおすすめランタン『フォールディングランタン ST-213』と『レギュレーターランタン ST-260』を比較してみた!

キャンプで必須のランタン。どんなランタンを購入しようか悩んでいる人も多いでしょう。今回はガスランタンの中でも、『SOTO(ソト)』が販売している『フォールディングランタン ST-213』と『レギュレーターランタン ST-260』の2つを比較してみました。形や使い方、明るさなど、詳しく検証していきます!『SOTO』のランタンが気になっている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

SOTOの『フォールディングランタン ST-213』はメインとして使える! 扱いやすいからランタンデビューの人にもピッタリ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

まずご紹介していくのが、ホワイトガソリンのランタンと同じような形をしているSOTO『フォールディングランタン ST-213』

【スペック】

  • 寸法:直径136×高さ375mm(使用時)、直径136×高さ225mm(収納時)
  • 重量:1.25kg(本体のみ)
  • 照度:※450ルクス(200W相当)ST-760使用時、350ルクス(180W相当)ST-700使用時
  • 使用燃料:SOTO製品専用容器(CB缶)
  • 使用時間:約4.0時間(ST-760使用)、約4.5時間(ST-700使用時)
  • 点火方式:圧電点火方式
  • 材質:本体ケース:樹脂、ハーフスクリーンホヤ:耐熱ガラス、ヘッドカバー:スチール(耐熱塗装)、燃焼塔・フレーム:ステンレス
  • 付属品:マントル1枚

本体には耐久性の高い樹脂製を使用しており、耐熱ガラス(ホヤ)を本体に収納できるため、安心して持ち運びができるのが特徴。

燃料は『SOTO製品専用容器(CB缶)』を使用するため、液体燃料のように燃料漏れの心配もありません。

使用時間は目安として約4時間。1日のキャンプでCB缶を1〜2本用意しておけば、メインランタンとして長時間使うことができますよ。

筆者は実際にメインランタンとして使っていますが、使いたい時にすぐ取り出せて、燃料切れのときもすぐにCB缶を交換できるのがポイントですね。

さらに点火スイッチを採用しているので、簡単に点火できます。消火のときはツマミを回すだけで消火完了。

ガソリンや灯油のランタンに比べて、ポンピングをする必要がないため、初心者でも手軽に使えます。

SOTOの『レギュレーターランタン ST-260』はテーブルランタンにピッタリ! ソロキャンプではメインとしても使えるくらい明るい

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

続いてはSOTO『レギュレーターランタン ST-260』です。コンパクトなつくりのランタンですが、ガス缶をセットしても抜群の安定感があります。

【スペック】

  • 寸法:幅100mm×奥行130×高さ150mm(使用時)、幅65mm×奥行105×高さ150mm(収納時)本体のみ
  • 重量:247g(本体のみ)
  • 照度:150ルクス(80W相当)ST-760使用時、150ルクス(80W相当)ST-700使用時
  • 使用燃料:SOTO製品専用容器(CB缶)
  • 使用時間:約4.5時間(ST-760使用)、約4.5時間(ST-700使用時)
  • 点火方式:圧電点火方式
  • 材質:メッシュホヤ・燃焼塔・器具栓つまみ:ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
  • 付属品:専用収納ケース、マントル1枚

『フォールディングランタン ST-213』とは違った形で、メッシュホヤなのがポイント。

万が一ぶつけたり落としてしまっても、メッシュホヤの『レギュレーターランタン ST-260』はガラスより安心です。

着火・消火方法は『フォールディングランタン ST-213』と同じく、着火スイッチとツマミで調節します。

『レギュレーターランタン ST-260』も『フォールディングランタン ST-213』同様、燃料切れのときはすぐにCB缶を交換できますよ!

実際に点灯して明るさを比較 メインランタンなら『フォールディングランタン ST-213』が◎!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

『フォールディングランタン ST-213』は450ルクス、『レギュレーターランタン ST-260』が150ルクスなので、明るさを比べると『フォールディングランタン ST-213』の方が明るいんです。

では、実際に点灯してみましょう。

フォールディングランタン ST-213

画像: 筆者撮影 フォールディングランタン ST-213

筆者撮影 フォールディングランタン ST-213

レギュレーターランタン ST-260

画像: 筆者撮影 レギュレーターランタン ST-260

筆者撮影 レギュレーターランタン ST-260

『フォールディングランタン ST-213』の方が、テーブルがはっきり見えて、明るいですね!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

『レギュレーターランタン ST-260』は手元を明るく照らしてくれるので、テーブルランタンとして使うとよさそうです。

ソロキャンプや、暗めでまったりと過ごしたいときに最適ですね!

メインランタンやテーブルランタンとして! アイテムごとにおすすめのシーンをご紹介

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

『フォールディングランタン ST-213』と『レギュレーターランタン ST-260』。それぞれどんなシーンで使えるのか気になりますよね。

『フォールディングランタン ST-213』は、メインランタンとしてはもちろん、サブランタンやテーブルランタンとしても使えます。

『レギュレーターランタン ST-260』は、ソロキャンプなど明るさをそこまで必要としていないシーンでは、メインランタンとして使えますね。ただし、2人以上のキャンプでは少し光量が足りないので、サブランタンやテーブルランタンとして使うのがおすすめです!

【比較まとめ】

◆フォールディングランタン ST-213・・・メインランタンとして◎

◆レギュレーターランタン ST-260・・・ソロキャンならメインランタンとしても使えるが、テーブルランタンやサブランタンとして使う方がおすすめ

気になる評価は? それぞれのSOTOランタンのメリット・デメリット

実際に使っている方の評価を調べてみました!

フォールディングランタン ST-213の口コミ

外気温5度でも使えました。もう1台欲しい!

LEDランタンもいいけど、炎は雰囲気があって良いですね。明るさも十分でした

やはり明るさはST-213最大のメリットと言えそうです。

思ったより大きかったです。

点火すると少し熱いので扱いには注意が必要。ガスの装着も少し難しかったです。

「思ったより大きい」という点はデメリットと言えそうです。しかし、コンビニでも気軽に手に入るCB缶用のランタンなので、こちらはしょうがないかもしれませんね。

レギュレーターランタン ST-260の口コミ

ホヤが割れる心配をしなくていいので安心ですね。また冬季の使用でも問題ないのも魅力です。

コンパクトなサイズ感は魅力です!ツーリングキャンプでも問題なく持ち運びできました。

コンパクトなST-260は持ち運びが便利!またガラスではないので安心感がありますね。

最大光量にしても予想より暗かったのが残念でした。

横向きで収納すると破損しやすい。持ち運びには注意が必要。

やはり、メインランタンとして使うには少し暗いという声が目立ちました。ソロキャンプやサブランタンとして使用するのがベストですね。

また、横向きで収納してマントルを破損させてしまったという声もあったので、移動の際は十分に注意しましょう!

使う用途やシーンに合わせたランタン選びをしよう! 

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

今回はSOTOが販売している『フォールディングランタン ST-213』と『レギュレーターランタン ST-260』を比較してみました。

それぞれのランタンには異なる特徴があります。メインで使うのか、サブとして使うのか、利用シーンによっておすすめのランタンが変わりますよ。

ランタンの柔らかい光は、不思議なくらいリラックスできますので、あなたにぴったりなランタンを見つけてくださいね〜!

▼こちらの記事ではST-260をさらに徹底レビュー!▼

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲

今日の天気 21日20:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)