tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

給水しながらすぐゴクリ! ポータブル浄水ボトル『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』をレビュー

キャンプや登山を楽しむ際に便利なのが、浄水器。コンパクトで持ち運びが簡単で、手軽に川や湖の水を綺麗な飲み水に浄化できれば、飲料水を購入する必要もなくなりますよね。しかしたくさんの浄水器が販売しており、どれが選ぶべきか悩む人も多いと思います。今回は、クラウドファンディングサイト“Makuake(マクアケ)”で応援購入可能な『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』をご紹介します!

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』は一瞬で飲み水に変えてくれる

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

クラウドファンディングサイト“Makuake(マクアケ)”で応援購入ができる『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』は、ペットボトルのような形をしているコンパクトな浄水器です。

雨水はもちろん、川や湖、水道水、サビを含んだ水などを浄水し、綺麗な飲み水に変えてくれる優れもの。さまざまな魅力がありますので、詳しくご紹介します。

【スペック】

  • 製品名・・・Purisoo⁺
  • サイズ・・・77 x 275 (mm)
  • 重さ・・・374g (ボトルのみ)
  • 容量・・・400ml
  • 材質:・・・PP、POM、EPDM
  • 使用可能な水温・・・5~50 ℃

※食器洗浄機 使用不可、バッテリーなし、接着剤未使用

ポンプと浄水ボトルが一体型! 別々に持ち運ぶ必要がない

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』は、汚れた水を組み上げるポンプと、浄水フィルターが一体型になっています

もちろん別々に持ち運ぶ必要もなく、浄水された水を入れるボトルの用意も不要。ポンプとボトル、どちらかを忘れる心配がなく安心して利用できるのがポイントです。

登山やハイキング時に、川の水を浄水して貯めておくことも可能!ペットボトルを持ち歩かずに身軽で出かけられます。

簡単に素早く浄水! 力のない人でも手軽にポンプアップできるよ

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』の飲み口の隣には、強力なポンプハンドルがついています。これをポンピングすると圧力で水が上昇し、ボトル内にあるフィルターを通過して綺麗な水がボトルに貯まる仕組み。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

実際に使ってみたところ、そのポンピングの軽さに驚き。力を入れずに40回ほどポンプアップすれば、400mlを清潔な水に変えてくれます。

飲みやすいサイズの飲み口なのも嬉しい。水漏れを防ぐシリコンカバー付きなので、安心して持ち歩くことができちゃいますよ。

延長ホースが付属しているから水位が低い場所でも簡単に届く!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場や登山しているときに見つけた川が、ボトルが届かない距離にあっても大丈夫です。

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』には約80cmの延長ホースが付属しているので、ある程度の距離であれば届きます。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

高い岩などの上からでも手を伸ばせば届きそう!

浄水可能な水の種類が豊富! 万が一の災害時でも飲み水の確保ができる

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』は、2種類のフィルターが組み合わされたモジュールフィルターを採用しています。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

フィルターの上段には抗菌UF、下段には活性炭繊維(ACF)を採用。

モジュールフィルターの組み合わせによって、バクテリアや寄生虫、寄生虫の卵を99.99%除去します!

さらに水を美味しくするのはもちろん、悪臭を除去する機能もついているのが魅力です。

【浄水可能】

  • 雨水
  • 溪谷
  • 貯水池
  • 水道水
  • 錆びた水を含んだ水
  • 尿

【浄水不可】

  • 海水
  • 毒物、農薬のような毒性物質等

【浄水可能だけどおすすめしないもの】

  • 酒類
  • ジュースや牛乳

例えば、キャンプで雨が降ってきたとき、その雨を貯めて『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』を使用すれば、あっという間に飲み水に。

また災害時にもさまざまな水を浄水可能なので、生きるために必要な水の確保ができますよ。

アルコール成分はある程度の浄水はできるようですが、100%浄水することはできません。ジュースや牛乳などのコロイド溶液の場合も、一部の浄水は可能ですが、急激に浄水フィルターを傷めてしまうため、『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』での使用はおすすめしていません。

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』をおすすめできる人

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

ここでは『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』をおすすめできる人についてご紹介します。

アウトドアで使用する浄水器を探している人

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』はバックパックのサイドポケットなどに収納が可能。

いつも使用しているペットボトルや水筒を入れていた場所へそのまま収納できるため、アウトドアシーンで使用する浄水器を探している人におすすめです。

手軽&簡単に浄水できるアイテムが欲しい人

力を入れることなく簡単に浄水できるため、構造が複雑なものが苦手な人にも『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』はぴったりです。

万が一災害に巻き込まれた時に飲み水を確保できるアイテムが欲しい人

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』のフィルターは未開封の状態だと製造日から3年間の保管が可能です。災害など万が一のときに備えることのできる浄水器です!

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』をおすすめできない人

ここでは『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』をおすすめできない人についてご紹介します。

手のひらサイズのコンパクトな浄水器が欲しい人

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』はボトルと一体型とは言え約77mmx 275mmというサイズ感。そのため、手のひらに収まるくらいのコンパクトな浄水器を求めている人には不向きです。

お家での使用がメインの人

ご自宅の水道水の浄水をメインで考えている人にはおすすめできません。ご自宅用の浄水器を検討した方がいいでしょう。

海水を浄水したいと考えている人

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』では海水を飲み水に変えることはできません。

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』のメリット・デメリット

ここでは『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』のメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット

  • ポンプと浄水フィルターが一体型だから別々に用意する必要がない
  • 力のない人でも簡単にポンピングができる
  • 40回のポンピングで400mlの綺麗な水ができる
  • 川や湖、雨水などある程度のものは浄水できる
  • バックパックのサイドポケットに収納可能なサイズ
  • 延長ホース付きだから手の届かない水位の低い場所でも浄水可能
  • 防災アイテムとしても役立つ

デメリット

  • 手のひらサイズのコンパクトさはない
  • ご自宅での浄水には不向き
  • 海水は浄水できない

『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』を常備してアウトドア&災害に備えよう!

今回は、とっても便利な浄水ボトル『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』をご紹介しました。

キャンプや登山、ハイキングなど色々なシーンで活躍する浄水器。手軽に飲み水に変えられる『Purisoo⁺(ピュリスプラス)』は、使い方も簡単なのでおすすめです。

クラウドファンディングサイト“Makuake(マクアケ)”での応援購入も終了間近なので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

▼こちらの記事もチェック▼

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲

今日の天気 30日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)