tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

【レビュー】ローベンスの大型テント「クロンダイク」は薪ストーブ穴付きで冬キャンプにオススメ!

寒い冬キャンプで重要なのは、テント内にこもって快適に過ごせるかどうかです。その点、今回ご紹介するローベンスのテント「クロンダイク」は寒さの厳しい北欧デンマーク製ならではの便利な機能がたくさん。薪ストーブも装備しやすい「クロンダイク」の魅力を徹底レビューします!

ローベンス「クロンダイク」はTC素材で結露しにくい!薪ストーブ穴付きだから冬キャンプにぴったり

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

冬キャンプではテント生地素材が結露に強いかが重要です。

「クロンダイク」の生地素材はローベンスが独自に開発した、通気性と耐久性にも優れたハイドロテックスポリコットン

夏は涼しく冬は暖かいので通年使用が可能で、スタイリッシュさと快適性を兼ね備えた6人用ベルテントです。

また、なんといっても天井には煙突ポートが標準装備されているので、薪ストーブを設置するのにとても便利!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

さらにテント下部の立ち上がりにより居住性に優れ、Aフレーム構造の大型ドアは出入りがしやすく広いスペースで快適なアウトドアライフを送る事が可能です。

フロア部はジッパーにより取り外しも可能になっており、正面入口からセンターポールにかけてジッパーが付いているため様々なフロアパターンを楽しむことも出来ます。

ローベンス「クロンダイク」の仕様

  • 素材:ハイドロテックス ポリコットン(35%コットン / 65%ポリエステル)、グラウンドシート:ジッパー脱着式(210T オックスフォード 100% ポリエステル/耐水圧10,000mm)、ポール:アルミ(センターポール 30.8-52mm/フレーム 22mm)
  • 収納サイズ:800 x 270mm
  • 重量:16.7kg
  • 就寝人数:6人

※2021年最新版のクロンダイクは上記と仕様が異なる部分がございます

ローベンスの6人用テント「クロンダイク」の魅力を徹底レビュー!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

筆者がローベンス「クロンダイク」を数年使ってみて感じた、5つの魅力をご紹介します。

魅力1:煙突ポートが標準搭載で安全に薪ストーブが使える!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

冬キャンプを如何に暖かく過ごすかは冬用テントの重要なポイントで、ストーブ使用時の設計は安全性の面から疎かにできません。

その点、ローベンスのクロンダイクは天井部に煙突ポート(16cmφ)も標準装備されており、薪ストーブを最初から使えるように設計されている北欧デンマーク製テントです。

そして、安全性を高めるためにテント室内から天井部フードの開閉が可能になっており、一般的なベンチレーションに比べて大容量換気が可能で、一酸化炭素中毒の危険性も低くなっています。

※テント内で薪ストーブを使用する際は必ず充分な換気を行い、一酸化炭素チェッカーを使用するなど、一酸化炭素中毒にご注意ください。

魅力2:独自のハイドロテックスポリコットンで冬の結露を抑える!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ローベンスが独自開発した「ハイドロテックスポリコットン」は、ポリエステル素材に比べて湿気の吸湿性が高く冬場の結露を抑える役割があります。

100%コットン素材の方が吸湿性は高いですが、その分濡れた際の乾きも遅く、コットン35%とポリエステル65%の混合生地にする事で、吸湿性と速乾性を兼ね備えた生地になっています。

実際、筆者が真冬の北軽井沢でマイナス10℃の環境下で使用した際にも、結露もほどんどなかったおかげで撤収も素早くできましたよ。

魅力3:最大風速168kmに耐えうる強靭な構造!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ローベンスはアウトドアでの快適さに必要な条件として居住性以外に風雨に強いことを重要視しており、どんな状況下でも換気システムが完全に機能する充分なテストを行っています。

特に、デンマーク本社内のテストセンターに最大風速200キロを計測する380馬力の風力発生機と降雨マシンを導入し、より過酷な条件下でテストを行いクロンダイクは最大風速168㎞に耐えうる強靭な構造になっています。

また、グラウンドシートはジッパー式で耐水圧が驚きの10,00mmになっており雨にも強く、悪天候でも安心して利用できます。

魅力4:Aフレーム構造で室内空間が広く居住性抜群!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

入口はAフレーム構造の高さ1,700mmの大型ドアになっており出入りがしやすく、テント最大高さも2,700mmなので広々と快適なアウトドアライフを満喫できます。

また、筆者は6人家族ですが、冬のファミリーキャンプでは中心に薪ストーブを配置しても家族6人が就寝するスペースも十分に確保できます。

そのため、一般的な家族構成の夫婦+子供2人の場合は余裕の6人用テントではありますが、荷物をテント内に全て置くスペースを考えれば、4人家族のファミリーテントしても最適です。

魅力5:ベージュ&ブラックのツートンカラーでお洒落キャンプに最適!

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

ローベンスのクロンダイクはベージュとブラックのツートンカラーになっており、テント内のカラーコディネートがしやすいのが特徴です。

特にベージュとブラックは、キャンプギアでも比較的多く使われているカラーで、少し気を使うだけで室内をカッコよくまとめることが可能です。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

また、厳寒期のキャンプはクロンダイクカラーが草木と同系色になり、自然に溶け込みやすいのも特徴の一つです。

ローベンスのテント「クロンダイク」がオススメな方

使い勝手が良くお洒落なローベンス「クロンダイク」は、こんな人にオススメです。

オールシーズンキャンプを楽しむ方

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

クロンダイクは冬用テントと思われがちですが、ハイドロテックスポリコットン生地を使用することで、夏の強い日差しを和らげ涼しくキャンプを楽しむことができます。

日本の夏は冬と違い湿度が高く、避暑キャンプの場合は寒暖差が大きくポリエステル素材だと内部結露の発生しますが、吸湿性が高く夏の結露を防いでくれるのは有難いです。

そのため、年中キャンプをされる方にもローベンスのクロンダイクはオススメです。

ロケーション重視のキャンプ場を選ばれる方

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

ローベンスのクロンダイクは入口に高さ1,700mmの大開放Aフレーム構造で、出入りする際にも便利ですが、もう一つの使い道としては窓として屋外のロケーションを楽しむ事ができます。

また、冬場は空気が澄んで遠くの景色も綺麗に見えますが、外に出るには寒いですよね。

クロンダイクならテント内で大火力の薪ストーブで暖を取りながら、景色を楽しむ事が出来ます。

そのため、キャンプに行く際にロケーションを重視される方にはオススメで、富士山や夜景といった景色を堪能しながらキャンプを楽しむことができますよ。

ローベンスのテント「クロンダイク」をオススメしない方

オールシーズン使え、万能に見えるローベンス「クロンダイク」ですが、こんな方にはオススメできません。

持ち運びや設営を楽にしたい方

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

焚火や結露、暴風雨にも強い構造のクロンダイクですが、ハイドロテックスポリコットン生地で重量が16.7kgと重く、本来はオートサイトでの運用が推奨です。

ただし、この場合は利用できるキャンプ場が限定されがちで自由度が下がりますが、キャリーワゴンやキャンプ場備え付けのリヤカーを利用できるのであれば問題ありません。

また、堅牢な構造の十角形テントとなっておりペグ打ちの本数が多く、しっかりとロープでテンションを張る場合は20本近くペグ打ちが必要になりますが、ワンポールテントのため一人でも簡単に設営可能です。

薪ストーブを使わない方

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

クロンダイクはデンマーク製で、国内メーカーでは少ない煙突ポートが標準搭載されており、いずれは薪ストーブを使いたいと思われているのであればオススメです。

しかし、薪ストーブはコスパが悪く利用計画を考えていないのであれば、煙突ポートは不要で他社のベルテントで十分です。

ただ、煙突ポートは閉めておくことが可能で、お洒落なツートンカラーのデザインが好みの方には、薪ストーブ不使用でも十分満足のいくテントだと思います。

ローベンスのテント「クロンダイク」の評判・口コミ

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

SNSでもローベンス「クロンダイク」の評判は上々なようです。

テント内も広々使えるので、中にストーブやコットを入れてもゆったり過ごせる点が特に人気みたいですね!

大きめのエアーベッドを入れても余裕があるので、グランピング気分を味わいたい方やベルテントが欲しい方にもおすすめです。

ローベンスの大型テント「クロンダイク」は広々使える!グランピングや初心者にもオススメ!

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

クロンダイクのようなベルテントは、ひと昔前は冬キャンプをするベテランキャンパーが使用するような印象がありました。

しかし、最近ではより快適にキャンプを楽しむようなグランピングも人気で、大規模キャンプ場に行くと必ず数張り立っている人気テントです。

価格は安くはありませんが、見た目の良くて耐久性も高く、キャンプの宿命の急な天候悪化でも安心して使用できるので、これからキャンプを始める初心者にもおススメのテントではないでしょうか。

▼その他の、おすすめの薪ストーブ&テントはこちらの記事でも紹介しています!

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲

今日の天気 26日22:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)