tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

栃木県の道の駅『湯西川』は天然温泉に入れる車中泊スポット! 日光の観光拠点にもおすすめ

近年の車中泊ブームもあり、車中泊がてら道の駅をめぐるようになった人は少なくないのではないでしょうか。ただ、道の駅によっては車中泊が禁止されているケースもあります。今回ご紹介する栃木県の道の駅『湯西川(ゆにしがわ)』は、車中泊OKな道の駅。周囲の広大な自然を眺めたり、天然温泉に浸かったりすれば、誰でも癒されること間違いなし!のんびりとした車中泊旅をしたい人にピッタリですよ。

栃木県日光市の道の駅『湯西川』の概要をチェック! アクセスや駐車場など

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

正式名称道の駅湯西川
郵便番号〒321-2603
住所栃木県日光市西川478-1
TEL0288-78-1222
営業時間売店:9:00~16:00
食事処:10:30~15:00
温泉:10:00~20:00(受付は19:00最終)
足湯:9:00~16:00
営業期間通年
定休日なし
※温泉施設のみ第三火曜日が定休日
公式サイトhttp://www.michinoeki-yunishigawa.jp/
駐車場台数普通車:52台
大型車:3台
身障者用:3台
EV車用急速・普通充電器:各1台
アクセス案内<車の場合>
日光宇都宮道路『大沢I.C』より約45分
<電車の場合>
野岩鉄道会津鬼怒川線『湯西川温泉駅』直結
場内設備お風呂
ゴミ捨て場
洋式トイレ
レストラン・食堂
売店
自動販売機

栃木県日光市にある道の駅湯西川は、秘湯『湯西川温泉』の玄関口に位置しています。

周囲の山々や、目の前の五十里湖(いかりこ)など、自然豊かな景色が特徴。アクセスは日光宇都宮道路『大沢I.C』から45分ほどかかりますが、澄んだ空気に運転の疲れも吹き飛ぶはずです。

駐車場は普通車であれば52台駐車可能。赤夕大橋方面から向かった場合、バス専用の出入り口の奥に一般用駐車場があります。誤ってバス専用出入り口に入らないよう、注意してくださいね。

『湯西川』では天然温泉に入れる! のんびりとした雰囲気が特徴の栃木県日光市の道の駅

道の駅湯西川は、天然温泉に入れることが大きな特徴。また、電車やバスでもアクセス可能で、山奥の道の駅としては利便性も抜群です。

ここでは、道の駅湯西川の特徴をお伝えしていきます。

天然温泉に入れる道の駅

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

道の駅湯西川の一番の特徴は、天然温泉に入れること。道の駅の2階に、内湯と展望風呂が設置されています。

温泉の営業時間は20:00まで(受付は19:00最終)なので、食事や売店での買い物を済ませたあとでも、のんびり過ごして旅の疲れを癒せますよ

売店はクレジットカードと一部電子マネーが使用可能

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

道の駅湯西川の売店には、栃木の特産品が多数並んでいます。

売店での支払いは現金のほか、クレジットカードや一部電子マネー決済にも対応。キャッシュレス派の人でも安心してお買い物ができます。

また、売店には食事処も併設されています。道の駅近くのダムをイメージしたダムカレーや、鹿肉を使用したコロッケなど、食べ応え抜群のメニューが揃っていますよ。

バスや鉄道の駅も併設

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

道の駅湯西川は、バスターミナルや鉄道の駅としての役割も持っています。そのため、車中泊や車旅に限らず、公共交通機関を利用して旅行や観光をしたいと考えている人にもピッタリです。

鬼怒川温泉駅から東部ダイヤルバスや野岩鉄道会津鬼怒川線を利用すれば、30分ほどで道の駅湯西川に到着します。

都内から鬼怒川温泉駅までは、特急列車で2時間程度。都内からも比較的アクセスしやすい道の駅といえるでしょう。

葛老山の登山口あり

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

道の駅湯西川の第3駐車場には、葛老山(かつろうざん)の登山口があります。登山ルートの所要時間は約2時間と、初心者の人でも登れる難易度です。

登山好きの人であれば、登山後に道の駅湯西川の天然温泉で汗を流すというプランも最高ですね!

ただし、登山に関するレビューをチェックしてみると、熊が出没しやすいとの情報も。登山をする際には、十分注意しましょう。

道の駅『湯西川』のおすすめポイント! 車中泊可能で日光観光の立ち寄りスポットとしても◎

ここからは、筆者が実際に利用してわかった、道の駅湯西川のおすすめポイントをご紹介します。

道の駅湯西川は、温泉だけでなく、周囲の自然を生かしたアクティビティにも注目です!

道の駅湯西川のおすすめポイント【1】無料で利用できる足湯

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

道の駅湯西川には内湯だけでなく、足湯も設置されています。足湯は無料なので、誰でも気軽に利用できます

ちょっとした休憩で利用する場合、足湯で手軽に癒しを求めるのもアリですね。

道の駅湯西川のおすすめポイント【2】雄大な景色

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

周囲の雄大な景色も道の駅湯西川の魅力の1つ。車から降りて周囲の景色を見渡すだけでも、癒し効果は抜群です。

また、五十里湖にかかる湯西川橋梁も見どころ。タイミングが合えば、湯西川橋梁を走る電車を撮影してみるのもおすすめです。

道の駅湯西川のおすすめポイント【3】水陸両用バスでのダム湖ツアー

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

道の駅湯西川は、水陸両用バスによるダム湖ツアーの発着点にもなっています。雄大な景色を、水面の高さから見られる貴重な体験ですね。

ダム湖ツアーは4月中旬~12月初旬まで1日4便運行しているとのこと。夏休み期間中は5便に増えるので、旅の思い出に乗ってみるのもおすすめですよ。

道の駅湯西川のおすすめポイント【4】車中泊OK

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

道の駅湯西川に問い合わせたところ、車中泊OKと回答を頂きました。日光観光や周辺の温泉を楽しんだあとに、のんびり車中泊をするプランも楽しそうですね!

なお、車中泊をする際には、端の駐車スペースを利用してほしいとのことです。車中泊をする場合は、トイレや一時休憩をする人に迷惑が掛からないようにルールやマナーを守って利用しましょう。

▼車中泊のルールやマナーについてはこちらの記事もチェック!

栃木県日光市の道の駅『湯西川』利用時の注意点! 岩盤浴は休止中

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

2022年5月現在、温泉施設内の岩盤浴は整備中のため利用できません。公式ホームページに掲載されている岩盤浴に関するお知らせは、2022年2月9日付のものが最新となっています。

再開時は公式ホームページに掲載されるようなので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

『湯西川』の自然や温泉は癒し効果抜群! 車中泊や栃木観光とあわせて利用したい道の駅

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

今回は、栃木県日光市にある道の駅湯西川をご紹介しました。

道の駅湯西川は、温泉や周囲の自然で旅の疲れを癒してくれるスポット。道の駅近くの湯西川温泉にもぜひ立ち寄りたいですね。

車中泊はもちろん、日光観光やキャンプなど、栃木県での観光やアウトドアを予定している人はぜひ道の駅湯西川を利用してみてはいかがでしょうか。

道の駅湯西川の施設情報

正式名称道の駅湯西川
郵便番号〒321-2603
住所栃木県日光市西川478-1
TEL0288-78-1222
営業時間売店:9:00~16:00
食事処:10:30~15:00
温泉:10:00~20:00(受付は19:00最終)
足湯:9:00~16:00
営業期間通年
定休日なし
※温泉施設のみ第三火曜日が定休日
公式サイトhttp://www.michinoeki-yunishigawa.jp/
駐車場台数普通車:52台
大型車:3台
身障者用:3台
EV車用急速・普通充電器:各1台
アクセス案内<車の場合>
日光宇都宮道路『大沢I.C』より約45分
<電車の場合>
野岩鉄道会津鬼怒川線『湯西川温泉駅』直結
場内設備お風呂
ゴミ捨て場
洋式トイレ
レストラン・食堂
売店
自動販売機

栃木県日光市の道の駅『湯西川』に行くならこちらのスポットもおすすめ!

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲

今日の天気 25日22:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)