tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

キャンプにおすすめ「ダイソーラック」が大活躍!シェラカップやクッカーが綺麗に収まりテーブルとしても◎

キャンプでは家と異なり物を置ける場所がなく、野外テーブルの上がゴチャゴチャになりがち。ちょっとしたものが置けるものが欲しいなと思っていたのですが、コンパクトになる木製のラックを「ダイソー(DAISO)」で発見!キャンプ向け商品ではないのですが、キャンプで大活躍しています。

「ダイソー ラック」を選んだワケは…

100円均一の「ダイソー」には、シェラカップやメスティンなどキャンプ用品も充実しています。

しかし、キャンプ用品として売られていないものも、アウトドアで使えるモノがたくさん!その中のひとつが折り畳めて持ち運びしやすい「ミニラック」です。

【ダイソー ラックおすすめ理由1】値段が安い

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

なんといっても一番の魅力は「価格」です。筆者が購入した「木製ラック」は550円。110円ではありませんが、それでも1000円でおつりがくる値段。サイズは35.5x21.5x46cmとコンパクトなサイズですが、2段になっているので、いろいろなモノが置けます。

【ダイソー ラックおすすめ理由2】折り畳める&軽量

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

いくらコンパクトなラックでも、折り畳めなければ持ち運びが大変。ダイソーの木製ラックは折り畳むと薄さが約2.5cm。アルミなどに比べると木は重いように感じますが、約44gと超軽量な点も◎。

【ダイソー ラックおすすめ理由3】他のアウトドアギアと相性がよい

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

コンパクトなラックはダイソーでもいろいろありますが、この商品は木製で外で使用する場合でも自然にマッチ。筆者のローチェアは木製ですが、そんな木製のアウトドアギアとも相性がよく、どんなキャンプスタイルにも調和します。

【ダイソー ラックおすすめ理由4】コンパクトですが、結構置ける

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

コンパクトに畳めますが、広げると2段のラックになります。

1段目は幅が約21cm、2段目は14cmと結構幅があり、ソロキャンプなら、このラックひとつでクッカーや調味料など充分置ける収納能力があります。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

【ダイソー ラックおすすめ理由5】シェラカップなども引っ掛けられる

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

棚に調味料などを置けるのはもちろん、上部に吊るせる棒があり、そこにシェラカップやトングなどを吊るすことが可能。

筆者は同じくダイソーで販売されているハンガーフックをこの棒につけて、フックがないアイテムも吊るしています。

ただし、重いものは置けない

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

軽量な木を使用しているので、重いモノを置くと割れる恐れがあります。作りが簡素なので、雑に扱うと割れる恐れがあるので注意しましょう。

「ダイソー ラックは」テーブル代わりにも使える!

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

テーブルの上に置いて、調味料置きにしてもよいですし、テントの中の細々したアイテムの整理用としてもこのラックを使用することができます。筆者はローチェアでまったりするとき、このラックをテーブル代わりに使って、ドリンクを置いたり、スマートフォンを置いたりしています。

もちろん、アウトドアだけでなく、家でも使用することも可能。アウトドアギアをそのまま家でインテリアとして飾る場合も、コレを使用するとキャンプ風のインテリアになります。

ダイソーの「2段ラック」向きのキャンパー、そうでないキャンパーは?

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

今回ご紹介したダイソーの2段ラックの1番のメリットは「安価」なところ。ですので…

ダイソー ラックをおすすめしたい人

あまり値段をかけずにキャンプ用品の整理整頓をしたい人や、ソロキャンプ向き。

ダイソー ラックでは物足りないかもしれない人

逆に、テントやタープなどキャンプギアにお金をかけている人やデザインにこだわりがある人には、ダイソーのシンプルなラックはちょっと物足りなく感じるかもしれません。

ダイソー以外の手ごろな価格のおすすめ木製ラック3選

ダイソーのラックは550円と高コスパですが、それ以外3000円以下で買えるお手頃価格のキャンプ向き木製ラックは…。

コメリの「ナチュラルシェルフ2段」

ホームセンターコメリの使いやすい2段ラック。薄く畳むこともでき横幅48cm、奥行31cmあり、いろいろなモノが置けます。2段で足りない人は3段のモノもあるので、用途によって好きなタイプを選べます。

ニトリの「折り畳みラック」

しっかりとした作りでキャンプでも家でも使える2段ラック。横幅66.5cmあるワイドタイプなので、キッチン用具だけでなく、いろいろなキャンプギアを置くことができます。

パステルカラーの「2段ラック」

木製ですがパステルカラーが施されたかわいい2段ラック。ペイントされていないナチュラルのほかに、グリーンとグレーにペイントされたものがあり、自分好みのカラーが選べます。

ラックがあるとキャンプサイトがすっきりする

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

ランタンやテントのようにキャンプに絶対必要な必需品ではない「キャンプラック」は、どうしても購入するのが後回しになります。まして、高いお金をかけたくない人も多いはず。

ダイソーの木製ラックは高級さはありませんが、軽量で持ち運び楽チン。これひとつあると、キャンプ場での整理整頓がしやすくなりますよ。

▼こちらの記事もどうぞ

【ダイソー キャンプ】コーナン風ウッドラックが大活躍!500円から作れちゃう折りたたみラックDIYをご紹介 - ハピキャン|キャンプ・アウトドア情報メディア

ニトリのアウトドア用品がパワーアップ!2022年新作をレビュー - ハピキャン|キャンプ・アウトドア情報メディア

関連リンク(外部リンク)

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲

今日の天気 16日20:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)