tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    豪雨災害をもたらす線状降水帯…県単位での発生予報始まる “わがこと感”をもって早めの対応を 静岡

    2024年05月31日11:26

    予報では平年より遅めのようですが、6月中には静岡県内も梅雨入りし、本格的な雨の季節となります。

    これに先立ち、気象庁は線状降水帯に関する新たな予測情報の運用を5月の最終週から始め、県内にも5月28日に発表されました。

    そこで、これからの時期に警戒が必要となる大雨に備える情報について考えます。

    線状降水帯の発生予測に対応

    弦間彩華アナウンサー(5月28日):
    午後7時のJR静岡駅前です。雨風ともに非常に強くなってきました

    5月28日、大雨に見舞われた静岡県内。降り始めからの総雨量は多いところで200mmを超えました。

    気象庁はその日の午前5時に『静岡県に線状降水帯が発生するおそれがある』と発表。日中のJR静岡駅では早めに帰宅する人の姿が見られました。

    駅の利用客:
    少し早めにお見舞いに行ってきました。早めにお知らせもしてくれてあったのでそのように行動しようと思う

    午前中で授業を終わりにした学校…予定を変更した人たち…

    JRは、午後6時頃から列車の本数を減らす「計画運休」を行いました。

    豪雨災害をもたらす線状降水帯

    積乱雲が次々と発達する線状降水帯が発生すると、ほぼ同じ場所で大雨が降り続き、毎年のように豪雨災害が引き起こされています。

    県内でも2023年6月に線状降水帯が発生し、沼津市や袋井市で浸水被害が出たほか、磐田市では敷地川の堤防が決壊・氾濫しました。

    2024年もすでに雨の季節に入りました。

    命を守るため、どんな情報を、どう生かしていけばよいのでしょうか?

    気象庁は2021年から線状降水帯の発生の予測を開始しました。

    当初、全国を11のブロックに分けて出されていた情報は、5月27日から都道府県単位をベースにした59の地域に細分化されました。

    “わがこと感”をもって対応して

    気象庁・森隆志 長官:
    従来よりも対象地域を絞り込んで呼び掛けを行うことになりますので、今後、線状降水帯による大雨災害のおそれがあることをより自分の近くで起こりそうだという、“わがこと感”をもって対応してもらえるのではと考えている

    より早く、より範囲を絞り込んで線状降水帯の危険性を呼び掛けることで、住民の避難行動や災害対応へとつなげたい考えです。

    観測機器の更新も進んでいます。

    静岡地方気象台には2023年、上空の水蒸気量を調べる新しい機器が設置され、線状降水帯の予測に役立つと期待されています。

    防災気象情報をフル活用して

    気象庁・森隆志 長官
    的中率は4回に1回程度。見逃しは地方単位を始めた時は3回に2回程度だったのが、2回に1回程度に減らせる見込み。線状降水帯に関する情報だけでなく、大雨警報やキキクル、段階的に発表される防災気象情報全体を活用して大雨に備えていただければ

    今後も予測の精度を高め、被害軽減に取り組みたいとする気象庁。

    豪雨災害が多発する中、防災気象情報への信頼と期待は高まっています。

    都道府県をベースに発生予測を発表

    5月28日の大雨では九州南部に加え、四国の高知と徳島、それに愛知、岐阜、静岡とあわせて8つの地域に線状降水帯の発生予測が発表されました。

    これまでは全国を11のブロックに分け発表されていましたが、5月27日からは都道府県をベースにした59の地域に細かく分けられ、今回、東海地方では愛知・岐阜・静岡に発表されたわけです。

    さらに、2029年にはこれを市町村単位にまで細分化していく予定となっています。

    そして28日は新たな地域分けに基づく情報を受けて、県内では早めの帰宅、計画運休といった対応が取られました。

    -天達さんは、都道府県ごとの発表の意義をどう捉えています?

    天達武史 気象予報士:        
    伝える方からしても県単位の方が分かりやすく伝えやすいと感じます。大雨は「局地化」「集中化」「激甚化」しています。大雨になればなるほど局地的な降り方をして予報は難しいのですが、スーパーコンピューターのおかげでこうした予報も可能になりました。

    一方で、予報が当たっても被害が発生してしまうことがあるので、もっとイメージしやすい伝え方についても考える必要性を感じています  

    -鎌田さんはどんなことを感じます?

    ジャーナリスト・鎌田 靖さん:
    2017年の北部九州、2018年の西日本豪雨の取材経験から線状降水帯の降り方はこれまでの日本の雨の降り方ではなく、亜熱帯の豪雨というか、とてつもない降り方、雨量となります。ですから、こうした情報を出すのは非常によいことだし、仮に予報が外れ線状降水帯が発生しなければ、それはよかったと捉えればと思う

    続いて予報の精度についてみてみましょう。

    線状降水帯が発生するかどうか、当初は的中が4回に1回程度でしたが、2023年は22回中9回、約40%に上がっています。

    また、情報を出していないのに線状降水帯が発生した「見逃し」は3回に2回程度だったのが23回中14回で約60%と見逃すことが少なくなっています。 

    現状の精度としては水蒸気量の観測が難しいため、これが限界です。そのため、水蒸気量を測定するための機器の開発や観測地点を増やすなどの対応も進められています。
     
    この精度をもって予報を疑うのではなく、信頼して早めの対策をとるように心掛けていただきたいと思います。  

    豪雨災害をもたらす線状降水帯…県単位での発生予報始まる “わがこと感”をもって早めの対応を 静岡
    FNNプライムオンライン
    フジテレビ系FNN28局が配信しているニュースサイト「FNNプライムオンライン」。政治・経済・社会・国際・スポーツ・エンタメなど、様々な分野のニュースをいち早く、正確にお伝えします。
    雨雲レーダーで雨を回避!
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    tenki.jp公式SNS