tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    アイスランドで去年12月から5回目の噴火 2.4kmの亀裂から高さ約50メートル溶岩噴き出す

    2024年05月30日17:12

    北欧のアイスランドで29日、再び噴火が起きた。
    噴火は2023年12月以降、5回目。

    映像では、地表の切れ目から、溶岩が高く吹き出しているのが確認できる。

    アイスランド気象当局によると29日午後、首都・レイキャビクから約40km離れた町・グリンダビークの近くで噴火が起きていて、溶岩は長さ約2.4kmの亀裂から、50メートルほどの高さまで噴き出しているという。

    噴火は2023年12月以降5回目で、当局は警戒を呼びかけている。

    地元メディアによると、ほとんどの地元住民は避難していたほか、観光地として知られる温泉施設「ブルーラグーン」にいた観光客や、隣接する発電所にいた作業員らは、噴火する前に避難したという。

    噴火場所から、約15kmには国際空港があるが、今のところ閉鎖しておらず、航空便への影響も出ていないという。

    アイスランドで去年12月から5回目の噴火 2.4kmの亀裂から高さ約50メートル溶岩噴き出す
    FNNプライムオンライン
    フジテレビ系FNN28局が配信しているニュースサイト「FNNプライムオンライン」。政治・経済・社会・国際・スポーツ・エンタメなど、様々な分野のニュースをいち早く、正確にお伝えします。
    雨雲レーダーで雨を回避!
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    tenki.jp公式SNS