tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    土砂災害警戒情報の“精度向上” 23日から発表の基準を見直し【佐賀県】

    2024年05月23日19:16

    大雨で土砂災害の危険が高まった場合に発表される「土砂災害警戒情報」について、県と気象台は23日から発表の基準を見直すことになりました。これまでよりも精度が上がり、発表の頻度が減る見通しです。

    「土砂災害警戒情報」は、大雨で土砂災害の危険性が高まったときに県と気象台が発表するもので、市と町が「避難指示」を出す目安となっています。
    一方、これまでは情報が発表されても実際には災害が起こらない“空振り”が多かったことから、佐賀県と佐賀地方気象台は23日から発表の基準を見直します。
    具体的には、これまで「5キロ四方」ごとに解析していた雨のデータなどを「1キロ四方」ごとに細分化し、精度を上げるということです。

    基準の見直しで、土砂災害警戒情報の発表の頻度は県内の各市や町で「年間に平均1回未満」となり、“空振り”が減る見通しです。
    また、これに伴って大雨警報や大雨注意報の基準も変更され、発表の頻度が減る一方、精度は高まるとしています。

    土砂災害警戒情報の“精度向上” 23日から発表の基準を見直し【佐賀県】
    FNNプライムオンライン
    フジテレビ系FNN28局が配信しているニュースサイト「FNNプライムオンライン」。政治・経済・社会・国際・スポーツ・エンタメなど、様々な分野のニュースをいち早く、正確にお伝えします。
    雨雲レーダーで雨を回避!
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    tenki.jp公式SNS