tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    「国体道路」周辺に最大3m浸水恐れ 福岡市が天神地区「内水ハザードマップ」公開 大雨シーズン前に

    2024年05月31日18:33

    福岡市の繁華街・天神でも浸水被害が想定されています。

    大雨のシーズンを前に、最悪の場合も知っておく必要がありそうです。

    外国人観光客にも人気のディスカウントストアや飲食店が集まる『天神エリア』。

    ここで想定される最大規模の雨が降った場合、天神の中心街を東西に走る「国体道路」では、1メートルから最大3メートルの高さまで浸水する恐れがあるといいます。

    福岡市はこれまで、繁華街が広がる博多駅周辺の「ハザードマップ」を公開していて、5月、新たに天神地区についても市のホームページ上に公開しました。

    市街地では、短時間の間に局地的な雨が降ると、下水道や排水路から水があふれ出し、道路などが浸水する恐れがあります。

    梅雨シーズンを控え、福岡市は避難ルートの確認のほか、事業者には土のうや止水板の準備など、浸水対策を進めるように呼びかけています。

    「国体道路」周辺に最大3m浸水恐れ 福岡市が天神地区「内水ハザードマップ」公開 大雨シーズン前に
    FNNプライムオンライン
    フジテレビ系FNN28局が配信しているニュースサイト「FNNプライムオンライン」。政治・経済・社会・国際・スポーツ・エンタメなど、様々な分野のニュースをいち早く、正確にお伝えします。
    雨雲レーダーで雨を回避!
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    tenki.jp公式SNS