tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

台風14号に航空機で接近 “台風の目の中”に突入し観測機器を投下 「伊勢湾台風」とほぼ同クラスの“危険な台風”

台風14号に航空機で接近 “台風の目の中”に突入し観測機器を投下 「伊勢湾台風」とほぼ同クラスの“危険な台風”
63年前の惨状が迫る“カラー映像”

今回の台風14号は、18日午後に鹿児島市付近に上陸時した時の勢力は、935ヘクトパスカル。これは63年前に東海地方を襲った「伊勢湾台風」クラスの勢力でした。

【写真を見る】台風14号に航空機で接近 “台風の目の中”に突入し観測機器を投下 「伊勢湾台風」とほぼ同クラスの“危険な台風”

CBCテレビと筑波大学が最先端のAI技術によって、伊勢湾台風の白黒のフィルムをカラー化した映像です。当時の惨状がカラー化したことで、より迫ってきます。

今からおよそ63年前の1959年9月26日。名古屋市南部を中心に5098人が犠牲になった決して忘れてはならない台風災害。

この日、名古屋市内の最大瞬間風速は45.7メートル。風でちぎれんばかりのソテツの葉。名古屋市中区のCBCテレビ前の映像です。

高潮で堤防は決壊。実に3万ヘクタールという途方もない範囲が、水に浸かりました。

名古屋港の貯木場から流れ出した材木が、南部の住宅をことごとく破壊。台風が去っても、復旧まで多くの時間が費やされました。

気象庁の17日の会見で、気象庁大気海洋部の黒良龍太課長は。

「衛星画像を見て『これはかなりやばいな』と。これまで私が気象庁で働いてきて、見たことがない」

そして台風14号は18日午後7時頃、鹿児島市付近に上陸。このときの平均気圧は935ヘクトパスカルで、「伊勢湾台風」の929ヘクトパスカルに匹敵する勢力でした。

60年以上が経過して、伊勢湾台風の経験者も減り、記憶も薄れつつありますが、あの時の教訓を忘れてはなりません。

こうした中、名古屋大学の坪木和久教授らの研究チームは、9月16日と17日の2日間に県営名古屋空港を飛び立ち、迫り来る台風14号に航空機で接近、“目”の中に突入しました。

“台風の目の中”を観測  

上空から「ドロップゾンデ」と呼ばれる筒状の観測機器を投下。風速や気圧データなどを観測しました。

「投下確認。投下OK。データOK」

台風14号の目に飛び込んで見えてきたことは…


(名古屋大学 坪木和久教授 19日正午ごろ) 
「伊勢湾台風の測定値にほぼ近い強度で上陸したと言っていいと思う。予想を超えた発達の仕方。この台風は雨台風と風台風の特徴を兼ね備えた、非常に危険な台風。その影響を東海地方は強く受ける可能性が高い。これから十分な注意をお願いしたい」


「線状降水帯」の恐れも…

さらに、今回の台風14号で警戒しなければならないのが、発達した雨雲が次々と連なる「線状降水帯」。

気象庁によりますと、19日夜から20日午前中にかけて、東海地方でもこの「線状降水帯」が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まる恐れがあるといいます。


「線状降水帯」は各地で発生しています。例えばおととし7月の熊本県。レーダーによる画像には赤や黄色で示された一本の線のような雨雲が…これが長時間居座った「線状降水帯」です。この時の影響で球磨(くま)川が氾濫しました。


気象庁は、今回の台風14号でも「これまでに経験したことがないような影響」が出る可能性があると言っています。十分な備えをしてください。

CBCテレビ

天気ガイド

雨雲

最新の記事(気象予報士)

今日の天気 28日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)