tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

東海3県からは「郡上踊」など4件 民俗芸能「風流踊」が無形文化遺産に 地元で喜びの声

東海3県からは「郡上踊」など4件 民俗芸能「風流踊」が無形文化遺産に 地元で喜びの声

きのう(11月30日)、岐阜県の「郡上踊(ぐじょうおどり)」などを含む民俗芸能「風流踊(ふりゅうおどり)」がユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まり、地元では喜びの声が広がっています。

【写真を見る】東海3県からは「郡上踊」など4件 民俗芸能「風流踊」が無形文化遺産に 地元で喜びの声


壮観な“おどり”の輪で知られる「郡上踊」は400年以上の歴史を誇り、8月の「徹夜おどり」には全国から大勢の観光客が訪れます。


30日、モロッコで開催されたユネスコの政府間委員会は「郡上踊」をはじめ24都府県41件の「風流踊」を無形文化遺産に登録することを正式決定しました。


東海地方では「郡上踊」の他、同じ郡上市明宝の、世の平安と豊年満作を祈る「寒水(かのみず)の掛踊(かけおどり)」、愛知県では豊田市足助地区で、歩きながら念仏を唱和する「綾戸(あやど)の夜念仏(よねんぶつ)と盆踊(ぼんおどり)」、それに三重県伊賀市の、「勝手神社の神事踊(しんじおどり)」の4つが選ばれました。


郡上市内では登録を祝う垂れ幕が掲げられ、喜びの声が広がっています。


(郡上市民)
「すばらしいことだと思う」
「外国人観光客が増えるのを、すごく希望している」


高齢化や過疎化による担い手不足などの課題もある中、登録決定は伝統文化の継承に大きな励みとなりそうです。

CBCテレビ

天気ガイド

雨雲

最新の記事(気象予報士)

今日の天気 09日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)