tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

「企業優先みたい…」工業用水は再開も田植えの農家は悲鳴「半日でも早く水を」 一方で”歴史的変化”に見学者の姿も 愛知の取水施設漏水

「企業優先みたい…」工業用水は再開も田植えの農家は悲鳴「半日でも早く水を」 一方で”歴史的変化”に見学者の姿も 愛知の取水施設漏水
“歴史的な風景”と見学者も


愛知県の明治用水 取水施設では、復旧作業が続いています。


工業用水は段階的に復旧も、懸案の農業用水の再開のめどは、5月中が目標で、現場では、水をくみ上げるポンプをさらに増やして、懸命の作業が続きます。

その現場近くに20日、子どもたちの声が…。

水が引いた明治用水の取水施設の見学に来ていたのです。

(豊田市立平和小学校 星野雅子校長  )
「普段はダムの底なので、見ることがないものを見ることができ、貴重な機会だったので」


今年4月の桜の季節の取水施設周辺は、水がゆったりと流れていました。

しかし、20日撮影した同じ場所は、川底が見えてすっかり景色が変わってしまいました。



Q.何がたのしかった?
(児童たち)
「ザリガニ。お魚さんも」

そのほか、現場には
明治用水の100年を超える歴史の中で初めておきたこの事態をカメラに収めようと訪れる人もいました。そんな中─


工業用水は段階的再開だが…


(東海農政局 小林勝利局長)
「我々としてはできる限り早期に再開したいと思っている。5月中をめどにやりたい」



東海農政局は、5月中をめどに農業用水の復旧を目指す考えを明らかにしました。

明治用水からの工業用水については、19日午後7時から、段階的に供給が再開されましたが、農業用水については供給が止まったままです。

そのため、愛知県は農業用水を確保するため、明治用水と交差して流れる猿渡川と家下川から、水を仮設ポンプでくみ上げ、明治用水に流す方針を固めました。
 


(横山朋未記者)
「明治用水と家下川の交差地点です。いま愛知県の職員が、視察に訪れています」

水をくみ上げる具体的な日時などは決まっていませんが、くみ上げ場所を決める現地調査を行い、今後、水をくみ上げる川をさらに増やすことも検討しているということです。

20日の段階で、くみ上げるポンプの数はおよそ60台に。しかし、あくまで応急的なものです。

農業用水の供給停止は、この時期、西三河地方の田植えなどに大きな影響を与えているだけに、いち早い復旧が望まれています。
 

  「企業優先みたいで歯がゆいというか…」


(コメ農家 杉山隆俊さん 愛知・安城市)
「ことしはもう諦めている。水が来ないことにはなんともならん」

愛知県安城市内で、7代にわたってコメ農家の杉山隆俊さん。例年年間180トンのコメを収穫しています。

ことしは、農業用水の供給がストップする前の今月16日に田んぼに水を張り、ちょうど20日から、田植えを始める予定でしたが、17日に水の供給が止まり、およそ5000平方メートルの田んぼの多くが干上がってしまいました。



なんとかまだ、水が残っている田んぼで、20日田植えを始めましたが…

(コメ農家 杉山隆俊さん)
「このままずっと日照りが続くと、植えたところもダメになってしまう。1日でも早く、半日でも早く(水を供給してほしい)」



もともとは、農業の発展を目指して築かれた明治用水。今回、工業用水の供給を先に再開させたことについて杉山さんは…

(コメ農家 杉山隆俊さん)
「稲作と農家のためにダム(明治用水)をつくって水を引いたのに、
そこらへんの気遣いというかね…企業優先みたいで歯がゆいというか…」

明治用水を使っている田んぼは4730ヘクタール。畑は30ヘクタール。


東海農政局は5月中に、水をくみ上げる仮設ポンプを、あわせて110台に増やして、農業用水を確保するための対応を急ぎます。

CBCテレビ

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 04日12:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)