tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

公立小中学校 3学期始まる 2週間ぶりに元気に登校

愛媛県内ほとんどの公立小中学校で8日、3学期の始業式があった。強風にも負けず、子どもたちが約2週間ぶりに元気な姿で登校し、総仕上げの学期のスタートを切った。  松山市山越3丁目の姫山小学校では全校児童約530人が大きな声で渡辺恵理校長と新年のあいさつを交わした。渡辺校長は開催まで200日を切った東京五輪や昨年のラグビーワールドカップ代表選手らの活躍に触れ「どんな自分になりたいか、一年の初めに目標を立てることは大切。みんなでよりよい学校をつくりましょう」と語り掛けた。  式の後、1年生の教室では早速、児童一人一人が最終学期の目標を決めた。「指を使わずに計算できるようになる」「早寝早起きをする」などとクラスメートに宣言。男子児童(7)は「冬休みは得意な縄跳びを頑張った。次は字をきれいに書けるよう毎日練習したい」と力を込めた。  県教育委員会によると、8日は強風によるフェリー欠航の影響で、松山市中島小学校が臨時休校。中島中学校は島内の生徒のみが登校した。2校の始業式は9日に延期。西予市大野ケ原小学校は冬季積雪のため16日に行う。
愛媛新聞社

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 18日12:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)