tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

面河山岳博物館で企画展始まる 8月29日まで 昆虫標本1万5千点以上

面河山岳博物館で企画展始まる 8月29日まで 昆虫標本1万5千点以上
東南アジアや石鎚山系の昆虫標本1万5千点以上を展示する企画展「愛媛と世界の珍虫・奇虫・美虫」が愛媛県久万高原町若山の面河山岳博物館で開かれている。8月29日まで。
 会場には、体長0・1ミリほどの世界で一番小さい昆虫ほか、自動販売機の照明に集まる昆虫など、微少な昆虫や身近な所で採集した虫の標本を展示。ゲンゴロウなど県レッドリストに掲載されている希少な虫の標本も展示している。
 館では、バッタやナナフシ、ミズカマキリなど夏を代表する生きた昆虫も展示。木箱で飼育しているカブトムシやクワガタは、自由に触ることができる。
愛媛新聞社

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 21日22:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)