tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

寒水の掛踊しない乱舞 郡上市、豊年万作願う

 国選択民俗芸能で県重要無形民俗文化財の「寒水(かのみず)の掛踊(かけおどり)」が7日、岐阜県郡上市明宝の寒水地区で始まった。唄や太鼓が響く中、花飾りを背負った若者が勇壮な踊りを披露し、奥美濃の山里に秋の訪れを告げた。8日まで。

 300年以上続く伝統芸能で、世の平安や豊年万作を願い、寒水白山神社の例祭に合わせて奉納される。

 旧家での打ち出しでは、「しない」と呼ばれる長さ約3・6メートルの竹製の花飾りを背負った若者4人が、太鼓や鉦(かね)を打ち鳴らしながら優雅に舞い踊った。神社境内では、鬼や奴(やっこ)ら総勢約90人の役者らがつくる輪の中、唄の掛け合いに合わせてしないで地面を払うように激しく反らせる踊りを披露。集まった大勢の見物客が盛んにカメラに収めていた。

岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 19日22:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)