tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

県職員、長野に派遣 被害状況調査

 県は18日、台風19号の記録的な大雨で被災した長野県佐久穂町に岐阜県と岐阜市、各務原市の職員計7人を派遣し、罹災(りさい)証明書を発行するために必要な住宅の被害状況の現地調査業務などに当たると発表した。被災自治体にペアとなる都道府県や政令市を割り当てて1対1で支援する「対口(たいこう)支援」で、岐阜県は初派遣。

 総務省が17日付で決定した。県は18日に課長級職員2人を佐久穂町に派遣、支援業務と必要な人数を確認し、応援態勢を決めた。

 県職員2人が19~27日、岐阜市職員3人と各務原市職員2人は23~25日に業務を担う。

 課長級職員は10日間程度滞在し、災害対応の指揮を執る町長への助言や関係機関との調整を図る。

岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 23日02:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)