tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

シクラメン聖夜に彩りを 出荷ピーク

 クリスマスを彩るシクラメンが、国内栽培発祥の地とされる岐阜県恵那市や中津川市で出荷や販売のピークを迎えている。

 同地域のシクラメン栽培は、大正時代に大井ダム建設で滞在した技術者のドイツ人の妻が、恵那市東野の故伊藤孝重氏に伝えたのが始まり。県恵那農林事務所によると、現在も2市で7戸が栽培を続けている。

 「夏の暑さで一部の生育が遅れたが、その後は順調」と伊藤園芸の伊藤偉之(ひでゆき)さん(78)=中津川市阿木=。生産歴約50年で、赤やピンク、ぼかしなど約50種2千鉢を育て、ハウスで直接販売する。「これほど華やかな冬の花は少ない。春まで続く花持ちの良さも魅力」と話した。

岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 15日20:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)