tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

鵜飼桜、変わらぬ春色

 岐阜市御手洗の岐阜護国神社の境内で、早咲きのエドヒガンザクラ「鵜飼桜」が見頃を迎えている。


 樹齢100年以上で、高さは8メートル、幹回りは2メートルを超える。かつて長良川鵜飼の鵜匠が花の数を見て、その年の鮎の漁獲を占ったことが名前の由来とされる。


 暖冬の影響からか、開花は今月10日と例年より10日ほど早いという。17日には七分咲きとなり、陽光を浴びる花びらが淡い桃色に輝いていた。


 権禰宜(ごんねぎ)の宇都宮宗平さん(35)は「新型コロナで大変な社会情勢の中でも花は変わりなく咲いている。平穏が戻ることを願う」と話す。


 花は2、3日で満開となり、今週いっぱい楽しめるという。


岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 04日16:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)