tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

岐阜県内12日にかけ大雨恐れ

 本州付近に停滞している前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、岐阜県内は10日も断続的に雨が降った。11日午後から12日午前にかけ、引き続き多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、岐阜地方気象台は強い警戒を呼び掛けている。これまでに降った雨で地盤が緩み、下呂市や高山市などでは再び土砂災害警戒情報を発表する可能性もあるという。


 県内では10日午後7時現在、下呂、高山、中津川、郡上の4市で大雨警報が出されている。11日は前線が南下し、同日午後6時までの24時間に多い所で180ミリの雨が降ると予想。11日の夕方以降は、さらに激しい雨となる見込みで、12日午前6時までの48時間の雨量は美濃、飛騨地方のいずれも多い所で、200から300ミリを予想している。


 同気象台によると、10日は午後7時までの雨量が、下呂市萩原町で43・5ミリ、高山市船山で51・5ミリ、郡上市ひるがので95・5ミリとなっている。

岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 09日04:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)