tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

国道19号、片側通行可能に 瑞浪市の土砂崩れ

 11日夜に岐阜県瑞浪市釜戸町で発生した土砂崩れによって瑞浪市―恵那市で全面通行止めとなっていた国道19号は、応急復旧作業が完了し12日夕から片側交互通行が可能になった。国土交通省多治見砂防国道事務所によると、全面復旧の見通しは立っていない。


 現場では流出した土砂が撤去され、土のうが設置された。崩れた斜面にはブルーシートが掛けられた。同事務所によると、11日夜に短時間で降った大雨で崩れたとみられる。担当者は「早期復旧できるように準備を進めたい」とする。


 土砂崩れは11日午後8時55分ごろに発生し、高さ7メートル、約30メートルにわたって道路北側の斜面が崩れた。多治見署によると、車2台が巻き込まれたが、けが人はいなかった。

岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 16日02:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)