tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

天気予報の美濃と飛騨どう区分?地域・季節によって福井を参考もアリ

Q.岐阜県内の天気予報で、美濃地方と飛騨地方はどのように分けられていますか。県境に近い地域では、隣の県の予報を見た方がよいのですか。メディアにより予報が違う時があるのはなぜですか。


(各務原市・40代女性)


◆飛騨3市1村以外は美濃


A.岐阜新聞1面には県内6市、地方版には8市1町の予報が掲載されていますが、テレビニュースの予報では美濃・飛騨、あるいは岐阜全体の表示しかないこともあります。


 気象庁岐阜地方気象台に聞きました。飛騨地方は高山、飛騨、下呂の各市と白川村、美濃地方がその他の38市町村と分類しています。これは気象、災害、地理的特性を鑑みてのことです。


 例えば、郡上市は下呂市の西隣で、高山市にも接するため飛騨地方の予報の方が実態に沿うのでは、という意見もあるかもしれません。ですが、郡上市北端に太平洋と日本海の分水嶺があり地形的に気象が変わることから、美濃地方に分類されています。一方、冬型の気圧配置では山を越えて雪雲が流れ込むため、飛騨地方や、日本海側の福井県の予報が参考になることもあります。季節に応じて使い分けるとよいそうです。


 近年は民間気象事業者がポイント予報などさまざまなサービスを展開しています。各事業者は一般的に、気象庁が提供するデータを基に予報をしているので、予報の違いは気象予報士のデータの解釈や表現の違いによるようです。気象庁は自然現象を監視・予測し、災害を軽減するために適切な情報を提供することを主な任務としています。一方で民間気象事業者は、利用者のニーズに合わせてさまざまなサービスを工夫して提供しており、それらを活用するのも一つの選択肢です、とのことでした。ちなみに岐阜新聞は日本気象協会の予報を採用しています。


   ◆


 岐阜新聞社統合編集局は、読者の皆さんとの双方向報道として新コーナー「こちら編集局」をスタートしました。「近所に街灯が少なくて怖いけれど、どこに相談したらいいの?」など、日常生活での困りごとや疑問などをお寄せください。内容に該当する機関などへ取材します。

岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 27日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)