tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

「地響きのような衝撃」 金属加工会社で爆発事故、男性従業員が顔にやけど 可燃性ガス入りボンベを圧縮作業中

 22日午後4時50分ごろ、岐阜市本荘中ノ町、金属加工会社「振興金属商事」で爆発事故が起き、作業中の男性社員(71)が顔にやけどを負って救急搬送された。命に別条はないという。


 岐阜南署によると、男性がプレス機を使い、可燃性のガスが入ったボンベを圧縮していたところ、爆発したという。


 この爆発で鉄筋スレート葺きの作業場の北側と西側の壁面が損壊したほか、作業場の西側にある会社事務所の窓ガラスが破損。作業場の北側に駐車していた社用車と従業員の車計4台の車体や窓ガラスが破損する被害があった。


 近隣住民が「爆発音が聞こえた」と110番した。


 署は爆発した原因などを調べている。


 現場は岐南工業高校から東へ約350メートルの、工場や住宅が立ち並ぶ一角。近くの会社に勤務する男性は「バーンと大きな音がし、地響きのような衝撃があった。外に出てみると白く煙が立っていた」と語った。

岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 02日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)