tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

越冬酒味わいまろやか、大吟醸「白雲」蔵出し

 22日に開通した乗鞍岳の山岳道路「乗鞍スカイライン」の終点畳平(高山市丹生川町、標高約2700メートル)で越冬した大吟醸酒「白雲」が蔵出しされ、販売されている。


 乗鞍国際観光が12年前から手掛けている。同市上二之町の二木酒造の銘酒「氷室」を、冬は建物が雪で覆われ、氷点下30度に達することもある畳平の山荘「白雲荘」で約9カ月間寝かせた。冬を越した酒は、とろみがつき、まろやかな飲み口になるという。


 長野県側から畳平への通行が可能となった今月1日から、山荘と乗鞍バスターミナルで販売。ターミナルの川上達也支配人は「雪がつくり出す、すっきりとした味わいを楽しんでほしい」と話していた。


 720ミリリットル入りで2500円。問い合わせは乗鞍国際観光、電話0577(78)1140。

岐阜新聞社

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 25日08:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)