tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

桜島が52日ぶり噴火 南岳山頂火口 噴煙の高さ1000メートル

 19日午後4時17分ごろ、鹿児島市の桜島南岳山頂火口で噴煙量が中量以上の噴火があった。噴火は7月28日夜以来52日ぶり。鹿児島地方気象台によると、噴煙の高さは千メートル。大きな噴石の飛散や火砕流は確認されていない。

 

 桜島では13日から山体膨張を示すわずかな地殻変動が観測され、気象台は南岳山頂火口と昭和火口からおおむね2キロの範囲で、噴火や爆発に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けている。警戒レベル3(入山規制)を継続している。


噴煙を上げる桜島=19日午後4時25分ごろ、鹿児島市与次郎1丁目の桜島ライブカメラ



南日本新聞 373news.com

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 18日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)