tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

メヒルギの花かれん 屋久島の干潟に群生 8月いっぱい見ごろ

 鹿児島県屋久島町の栗生川河口右岸で、マングローブ樹木、メヒルギの花が咲き始めた。潮の干満で景色の変わる干潟に、かれんな白い花と光沢のある緑の葉が色を添え、独特の雰囲気を醸し出している。

 町指定天然記念物で、樹高1~1.5メートル、花の直径は約3センチ。5枚あって花びらのように見えるのは萼(がく)で、中心から細く糸状に伸びているのが花びらだ。葉は6~10センチの長い楕円(だえん)形。花は今月いっぱい楽しめる。

 昨年、町教育委員会の許可を得て、種から苗を育てた吉原康さん(78)は「群生地が川の増水や波の影響で小さくなった。栗生の原風景としてこれからも残していきたい」と話した。


かれんに咲くメヒルギの花=10日、屋久島町の栗生川河口右岸




干潮時のメヒルギ群生=10日、屋久島町の栗生川河口右岸




かれんに咲くメヒルギの花=11日、屋久島町の栗生川河口右岸



南日本新聞 373news.com

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 02日20:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)