tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

桜島で21年4月以来の連続噴火が2回 噴煙最高1800メートル上がる

 鹿児島市の桜島で23日、午後9時までに、中量以上の噴煙が約30分以上続く連続噴火が昼過ぎと夕方の2回あった。2回目は午後4時40分ごろ始まり、同6時50分ごろ停止。噴煙の高さは最高1800メートルだった。

 鹿児島地方気象台によると、桜島の連続噴火は2021年4月25日以来。火山活動の活発化を示すものではないとしている。

 桜島は今年7月24日の爆発で、噴火警戒レベルが最高の5(避難)に引き上げられたが、同27日にレベル3(入山規制)に戻った。


連続噴火する桜島=23日午後1時48分、鹿児島市与次郎1丁目




連続噴火する桜島=23日午後1時53分、鹿児島市与次郎1丁目




九州の主な活火山



南日本新聞 373news.com

天気ガイド

雨雲

最新の記事(気象予報士)

今日の天気 29日02:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)