tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

JR鹿児島中央駅西口に建設中の11階建て複合ビル 1、2階が物販店舗 面積2595平方メートル テナントは選定中 23年春開業予定

 JR九州は、鹿児島中央駅西口地区に建設する11階建ての複合ビルについて、大規模小売店舗立地法に基づき、県に新設を届け出た。29日の県大規模小売店舗立地審議会で報告された。届け出によると、物販店舗の面積は2595平方メートル。

 物販店舗は主に1、2階に入り、テナントは選定中という。全体の敷地面積は6485平方メートルで、4〜10階はオフィスフロアとなる。2023年春の開業予定に向けて同社は「10階まで鉄骨が組み上がり、内装などを工事している。進ちょくは順調だ」とした。

 同審議会は、ドラッグコスモス国分新町店(仮称、霧島市)、TSUTAYA伊集院店・ワークマンプラス伊集院店(日置市)、ドラッグストアモリ鹿児島駅西口店(仮称、鹿児島市)の新設など5件に「意見なし」と答申した。TSUTAYAとワークマンプラスの伊集院店には、夜間騒音に配慮するよう参考意見を付けた。


建設が進むJR鹿児島中央駅西口の複合ビル=29日午後、鹿児島市武1丁目




建設が進む11階建て複合ビル。物販店舗は主に1、2階に入る=29日午後、鹿児島市中央町



南日本新聞 373news.com

天気ガイド

雨雲

最新の記事(気象予報士)

今日の天気 01日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)