tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

北海道では積雪さらに増加か

北海道では積雪さらに増加か
25日も日本付近は冬型の気圧配置が続いています。記録的な大雪となっているところがある北海道では内陸部を中心に断続的に雪が降り、26日にかけて降雪が強まるおそれがあります。
北海道の上空5500メートル付近には-30℃以下の寒気が流れ込んでおり、日本海側を中心に断続的に雪が降っています。各地で積雪も増加しており、25日正午時点の積雪は、北海道・幌加内町朱鞠内で86センチ、幌加内で83センチ、名寄で53センチ、赤井川で49センチなど、この時期としては平年と比べ2倍から3倍超の積雪となっています。
北海道ではこの後も断続的に雪が降り、25日夜から26日にかけてはさらに寒気が強まるため、内陸部を中心に雪が強まるおそれがあります。
一方、北陸や東北の日本海側では寒気の影響で大気の状態が不安定となっており、一部で雨雲が発達しています。新潟県内ではこれまでに降った雨で土砂災害の危険度が高まっているところがあり、午後1時現在、新潟市・燕市・弥彦村に大雨警報が発表されています。
北陸ではこの先も週末にかけて断続的に雨が降り、雨量が多くなる見込みです。土砂災害に十分注意し、落雷や竜巻などの突風、降ひょうにも注意が必要です。
日テレNEWS24

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 02日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)