tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

大分県の過去の天気

天気概況(2018年12月)

寒気の南下が弱く暖かい空気に覆われる日が多かったため、沖縄・奄美は気温がかなり高く、東・西日本も高かった。北日本は寒暖の変動が大きく、月平均気温は平年並みだった。4日は日本海の低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込んで全国的に季節外れの暖かさになり、全国の観測点926地点のうち352地点で12月として最も高い気温を観測したほか、沖縄・奄美や西日本を中心に66地点で夏日になった。天気は、全国的に概ね数日の周期で変化した。日本付近を高気圧と低気圧が次々に通過したが、東日本太平洋側と西日本は高気圧に覆われることは少なかった。冬型の気圧配置になることも少なく、晴れた日が12月としては顕著に少なかったため、東日本太平洋側と西日本は日照時間がかなり少なかった。また、北日本日本海側も気圧の谷の影響を受けることが多く、日照時間がかなり少なかった。なお、月末は強い冬型の気圧配置が続いたため、夕張(北海道)では30日に積雪が137cmに達して1979年の統計開始以来12月として最も大きくなるなど、27~30日は北・東日本日本海側を中心に暴風雪や大雪となった所があった。

大分の過去天気(実況天気)(2018年12月)

大分県

天気ガイド

雨雲の動き

今日の天気 22日16:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)