tenki.jpトップ サイトマップ ヘルプ

tenki.jp

大雨シーズン 集中豪雨をもたらす「線状降水帯」 予測段階での発表で運用 情報が出たらどう行動すべきか

今年も大雨シーズンが到来。大雨の備えに知っておくべき気象情報の1つに「顕著な大雨に関する気象情報」があります。これは実際に「線状降水帯」によって、同じ場所で非常に激しい雨が降り続き、災害発生の危険度が急激に高まっている状況を解説する情報です。発表されたら、どう行動するべきでしょうか。

関連リンク

石榑亜紀子

走る気象予報士/防災士/日本ランニング協会公式ランニングアドバイザー/食育インストラクター/アスリートフードマイスター2級/ジョギングインストラクター2級/Amebaオフィシャルブロガー

石榑亜紀子

全国津々浦々、多くの放送局で気象キャスターを担当してきました。 ここでは大雨や地震の時にはどうしたら良いか、どんな準備しておくべきか 「防災」について分かりやすくお伝えします。 「気象×マラソ...

最新の記事(季節・暮らしの話題:トピックス)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(気象予報士)

今日の天気 18日20:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)