tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

バックビルディングとは?積乱雲を連続発生させ集中豪雨をもたらす理由

バックビルディングとは?積乱雲を連続発生させ集中豪雨をもたらす理由
集中豪雨を引き起こす線状降水帯の形成要因のひとつである「バックビルディング」。令和2年7月豪雨、平成29年7月九州北部豪雨、平成26年8月豪雨など、過去に大きな被害をもたらした大雨の原因であったことがわかっています。近年、増加傾向にある集中豪雨に備えるため、気象庁では、より早く、正確に豪雨の予測ができるよう、バックビルディング型をはじめとした線状降水帯のメカニズムの解明や観測・予測技術の向上を進めています。

関連リンク

瀬田 繭美

[日本気象協会本社]気象予報士/熱中症予防指導員

瀬田 繭美

Webやラジオで気象解説を担当。 ちょっと難しい天気や防災の話も、わかりやすい言葉でお伝えすることを心掛けています。 趣味は写真、旅行、登山、料理。写真を撮るために旅をし、山ご飯を作って食べ...

最新の記事(季節・暮らしの話題:サイエンス)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(気象予報士)

今日の天気 23日02:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)