tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

二十四節気 小寒の次候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」ときになりました

2019年01月10日

ライフ

二十四節気 小寒の次候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」ときになりました
第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」は凍った泉で水が動き始める時期といわれます。清らかな水のしらべを感じさせる美しい表現です。七草粥にもいれる芹は冷たい水辺で育ちます。水の流れは季節を問わず日本に欠かすことのできない風景ではないでしょうか。小寒から大寒にかけての30日間はもっとも寒い時期ですが、大地の水は寒さの中も静かに活動を開始しているのですね。寒さの極まるこの季節の水は、古くから私たちの生活には大きな役目を担ってきたようですよ。それは何でしょうか?

関連リンク

「アートは生き方。芸術はアート」 人のこころを救えるもの、それがアート

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 18日00:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)