tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」は二十四節気「清明」の末候です

2019年04月14日

ライフ

第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」は二十四節気「清明」の末候です
春の清々しい明るさの中に現れる虹はあっという間に消えてしまいそうな淡さを感じます。それはまだ太陽の光が弱いからかもしれません。「初虹(はつにじ)」という言葉があります。立春をすぎて現れる初めての虹をいうそうです。大気中の雨粒がプリズムとして働いてできる虹には太陽の光の強さが必要なのです。「虹が見える」とは冬の光が春に変わったということでもあるのですね。自然をみつめた昔の人々の感性を紐解くのは素敵なことだとあらためて感じます。

関連リンク

「アートは生き方。芸術はアート」 人のこころを救えるもの、それがアート

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 25日06:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)