tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

日本の美のエッセンス、花見文化のはじまりは?-「古今和歌集」の後の桜-

2020年03月06日

ライフ

日本の美のエッセンス、花見文化のはじまりは?-「古今和歌集」の後の桜-
現代の日本は、諸外国との関わりを深めることによって、様々な面で大きな変化をしつつあります。そうした時、日本人の伝統的な在り方を見つめ直すことの意義は小さくないでしょう。
前回は「古今和歌集」(以下、古今集)の桜の和歌から、当時の人々の自然への強い親密感をご紹介しました。それは恋人への思いを表すようでもあり、心に描く美しい桜への賛美でもあるようです。しかし、それから100年以上を経た平安時代の半ばを越える頃には、桜への思いがさらに深くなり、古今集への疑問や飽き足りなさからか、新しい視点による和歌が生まれてきます。

関連リンク

柏木由夫

大妻女子大学名誉教授 人間生活文化研究所特別研究員

柏木由夫

平安時代の和歌について研究しています。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 18日18:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)