tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

いよいよ銀杏が旬! 仏教伝来とともに中国からやってきた「銀杏」。生きた化石といわれるワケは?

いよいよ銀杏が旬! 仏教伝来とともに中国からやってきた「銀杏」。生きた化石といわれるワケは?

イチョウに実をつける銀杏の果実の中の種がいわゆる「銀杏」。地面に落ちたら食べ頃!

9月下旬から11月にかけて銀杏(ぎんなん)が出まわります。
あの独特のクセのある味わいは、好きな人にはたまりませんよね。
銀杏が取れるのは、ご存じのようにイチョウの木。公園や神社、街路樹などにイチョウの木があると、ついつい落ちている銀杏を探してしまうものです。
日本にはいろいろな場所にイチョウの木があり、なかには樹齢1000年以上のものもあります。
しかし、イチョウはもともと日本のものではなく、海外からやってきたものなのです。
「生きた化石」ともいわれる銀杏について、紹介します。

関連リンク

千葉県出身。3年前より金沢在住。 映画、舞台、飲食、住まいについての記事や、著名人インタビュー、街歩きコラム等を手がける。 北陸を通して日本の魅力を再発見。折りに触れ、紹介していきたいと思います...

最新の記事(tenki.jpサプリ:トピックス)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 06日16:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)