tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

「知って得する季語」。梅雨の時季に注意したい気象現象とは?

2018年06月13日

トピックス

「知って得する季語」。梅雨の時季に注意したい気象現象とは?
6月もそろそろ折り返し……。梅雨に雨が降るのは当然ですが、梅雨の時季に降るもうひとつの“もの”をご存じでしょうか?
記憶に新しいところでは、それは2017年7月18日に東京都心部で大量に降ったのですが、あの時は山手線が止まるという大きな被害が生じました。ここまで言えば気づく方も多いのでは? そう、それは「雹(ひょう)」です。
雹は初夏から入梅時季に起こる気象現象のこと。夏なのに氷が積もっている光景はまるで異次元の世界のように見えますが、今回は「なぜ夏なのに氷が降るのか」「雹はどうやってできるのか」といった、雹の語源やメカニズムを調べてみました。

関連リンク

ライター業のかたわら趣味の俳句を続けています。今では本業俳句、時々ライターライフを楽しんでいます。

最新の記事(tenki.jpサプリ:トピックス)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 22日16:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)