tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

「かっこ面白い古語と俳句の世界」──〈其の六〉

2019年07月29日

トピックス

「かっこ面白い古語と俳句の世界」──〈其の六〉
令和になって迎えた初めての夏は、暦のうえでは7月23日からの二十四節気「大暑」を最後に終わろうとしています。平成最後の夏もさまざまな出来事がありましたが、“令和初の夏”は、みなさんにとって記憶に残る夏になりましたか?

さて、松尾芭蕉は「松のことは松に習へ」という言葉を残しています。これは、先入観を捨てて素直にものごとに接すれば、そこに本質が見えてくる、という意味だそうです。つまり、見慣れたものでもよく観察すると、新しい発見があるということ。
俳句はよく3Dの世界に例えられます。対象を縦横斜めに見たり、縦に割ったり、横に切ったり……。俳句を通して言葉遊びをすることで、そうした一辺倒でないものの見方が身につくかもしれませんね。

今回も、俳句をたしなまなくても、知っているとちょっと得意、おまけにボキャブラリーも増える、そんな古語の世界を少しだけご紹介しましょう。

関連リンク

ライター業のかたわら趣味の俳句を続けています。今では本業俳句、時々ライターライフを楽しんでいます。

最新の記事(tenki.jpサプリ:トピックス)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 22日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)