tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

危険はどこに?知っておきたい山岳気象遭難の事例

2019年10月25日

レジャー

私が登山を始めたのは大学生のころ。以来、夏も冬も山の素晴らしさを楽しんできた中で、これまでに危ないと感じたことも何度かあります。登山は魅力的なアクティビティですが、同時に、遭難とは切り離せないものでもあると感じています。

遭難件数は年々増えています。山の中では、街中と同じ感覚で過ごすことはできません。とくに、荒天は登山中に見舞われると命の危険にさらされます。どのような天気が遭難につながるでしょうか。過去の気象にまつわる遭難事例をいくつか紹介します。

関連リンク

宮田雄一朗

気象予報士・気象キャスター

宮田雄一朗

山梨県で気象キャスターをしています。天気予報をきちんと伝えられるように奮闘中。日々の天気の話題の中で、登山にちょっと役立つ知識もお届けします。

最新の記事(tenki.jpサプリ:レジャー)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 27日16:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)