tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

幌加内町のダイヤモンドダストは、まるで「天使の囁(ささや)き」!

2019年02月16日

ライフ

幌加内町のダイヤモンドダストは、まるで「天使の囁(ささや)き」!
気象庁の公式記録では、日本の最低気温は旭川市で観測された-41℃ですが、北海道の多くの観測所では今までに、公式とはされないものの、-41℃を下回る気温が観測されています。
北海道の北部に位置する幌加内町(ほろかないちょう)の母子里(もしり)では昭和53年の2月17日に、-41.2℃という気温が観測されました。今から41年前のことです。町ではこの日を「天使の囁き記念日」とし、まるで天使の囁きのようなダイヤモンドダストを見たり、極寒の気温を体験してもらおうというイベントを開催しています。

関連リンク

柴山ロミオ

紙工作作家。アロマコーディネーター。キラキラネーム収集家。

柴山ロミオ

北海道在住。素敵な紙を収集して、紙工作をする日々。趣味は家庭菜園とドライフラワー作り。最近は松の木の剪定に凝っている。冷蔵庫の残り物でおかずを作るのが得意。三毛猫と暮らしている。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 26日06:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)