tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

二十四節気「夏至(げし)」太陽の恵みに感謝する日の過ごし方

2015年06月22日

サイエンス

二十四節気「夏至(げし)」太陽の恵みに感謝する日の過ごし方
6月22日は夏至(げし)です。北半球において一年間の中で日照時間が最も長い一日であり、天文的には太陽黄経が90°に達する日です。梅雨の最中ではありますが、この日を境に暑い日が増えてくるころでもあります。冬至と夏至、春分と秋分の四つの分け目を「二至二分(にしにぶん)」といい、歳時記の中では重要な日です。
そんな夏至にまつわる、古くから伝わる「日の出の迎え方」と「短い夜の過ごし方」についてお話しましょう。

関連リンク

柊花

伝統文化研究・美術探求

柊花

地元・神奈川が大好き。芸術レビュー・伝統芸能評論など、芸術全般について観たもの・感じたことを綴ってまいります。 好きな言葉:「余白」、「和み」、「うつろい」

最新の記事(tenki.jpサプリ:サイエンス)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 18日22:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)