tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

二十四節気「穀雨(こくう)」。百穀を潤す春の雨が、けむるように降るころ

2016年04月20日

ライフ

二十四節気「穀雨(こくう)」。百穀を潤す春の雨が、けむるように降るころ
田畑を潤し、作物を育てる春雨が降るころとなりました。本日4月20日は「穀雨」。大地に降り注ぐけむるがごとき春の雨は、さまざまな穀物の種子の生育を助けます。「穀雨」は、春の最後の二十四節気。この節気のおしまいには、茶摘みや苗代の籾蒔きなどの目安とされ、夏の始まりを告げる「八十八夜」が訪れます。

関連リンク

広告コピー、雑誌記事、インタビュー記事などを多数執筆。カルチャー、ビジネス、日本の伝統文化・ものづくり、食など多岐にわたる分野に守備範囲を広げ、言葉で人と人をつなぎ、心に響くものごとを伝える。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 25日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)