tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    より高く澄んだ場所へ。キャンバスに「アルプス」を定着させた象徴派の画家セガンティーニ《前編》

    2020年01月17日

    ライフ

    より高く澄んだ場所へ。キャンバスに「アルプス」を定着させた象徴派の画家セガンティーニ《前編》

    セガンティーニの愛したアルプス山脈

    時節は寒中。一年でもっとも寒い時期となります。寒冷地では積雪が増え、高山は冠雪します(もっとも今年は、スキー場などでは思うように雪が降らない日が続いているようですが…)。この季節になると、ヨーロッパアルプスの山小屋で、精緻な高山の風景を背景に、農民そして妖しい夢魔を描いた「アルプスの画家」、ジョヴァンニ・セガンティーニ(Giovanni Segantini)を思い出します。セガンティーニは1858年のちょうど今頃の1月15日、北イタリア(当時の所属はオーストリア)のトレント自治県の寒村アルコで生を受けます。その人生も作品も、特異なものでした。

    ポイント解説へ

    関連リンク

    ホシナ コウヤ

    漫画家ライター

    ホシナ コウヤ

    このライターの記事一覧
    ライター一覧

    注目の情報

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!